断らない総入れ歯治療

院長ブログ

近年の「歯を残そう」と言う風潮からか、かかりつけの歯科医師に、治療の希望として、「総入れ歯にしたい」「総入れ歯にして欲しい」とお願いをしても、「総入れ歯にするなんて考えられない」と、総入れ歯にしてもらえないという悩みを多く聞きます。

治療を受ける患者としては、散々、歯の治療に時間も費用も費やして、お口の状態は良くなるどころか悪くなる一方。
担当している歯医者さんは何とか残そうとしてくれる気持ち自体はありがたいのだけれど、歯の治療には、もう気力も体力も限界。このまま続けても良くなると思えない。

患者様が、歯を残す事を希望をせず、抜いて総入れ歯にしたいと思っているのに、かかりつけの歯医者さんは総入れ歯治療をすることを拒み、瀕死の状態の歯をなんとか残そうとする。

なんだかおかしな話です。

私からすると、この患者様の感覚こそ正しいと思います。
もちろん何でもかんでも患者様の言うとおりにするのが正しいということではなく、現在の歯科業界では、本来は抜歯すべき歯を、無理矢理残してしまう事で、歯を残したものの患者様に多大な苦労を経験させるということが、多すぎるのです。

それに、聞き捨てならないのは歯医者さんが総入れ歯にしない理由の1つとして、「総入れ歯になると大変ですよ」と説明することです。
具体的には、噛めない、見栄えが悪い、外れる、違和感大で、困るのはあなただから、総入れ歯にしないで、歯を抜かずに残しなさい。
と説明するのです。

歯医者さんにはよくある話なのですが、歯医者さんが良く使う「できない」とか、「これ以上は無理」という言葉は、「私には」ということなんです。
つまり、その先生には「できない」であったりその先生では「それ以上は無理」ということであって、一般的な話や、専門的な話では無いのです。

ですので、「総入れ歯になるなんて人生の終わり」という感じに話をする先生もありますが、それは、その先生が総入れ歯を作ったらの話であって、パリムデンタルできちんと総入れ歯治療を受けた患者様は、お口に総入れ歯が入っていることなど気にならず、楽しく快適に日常生活を送ってている方が、たくさんいらっしゃいます。

総入れ歯が、一般的に言われているようなそんなひどい代物では無いのです。

歯を削って、かぶせて神経をとってそういった治療の繰り返しはもういい。
希望する総入れ歯治療を行って、明るく楽しい自分らしい人生を歩んでいきたい。
そうお考えの方に、パリムデンタルでは総入れ歯治療を一方的に断ることはありません。

今の歯の本数、お口の状態や年齢では、「総入れ歯にしたい」などというと断られるのではないか?そんな考えは不要です。

安心してパリムデンタルにご相談ください。

©︎Parim dental clinic.

タイトルとURLをコピーしました