HOME | 入れ歯コラム | 自分に合った良い入れ歯を製作・装着する!良い入れ歯の条件やポイントとは?

自分に合った良い入れ歯を製作・装着する!良い入れ歯の条件やポイントとは?

手鏡を持った男性
パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

 
以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。
パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。

パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

入れ歯の製作や装着では、自分の口に適合していることが大事です。そこを疎かにすると、入れ歯を作って後悔したり、装着時に違和感やトラブルが生じたり、快適な生活を送ることへ支障をきたします。ここでは、良い入れ歯の条件やポイントをお伝えします。今一度、こちらを参考にしながら入れ歯の見直しをしてみて下さいね。
 

 目次
1.入れ歯製作で歯科医師が大事にしていることとは?
2.良い入れ歯の条件とは?
3.入れ歯製作は歯科技工士の技量によって変わる!
まとめ

1.入れ歯製作で歯科医師が大事にしていることとは?

総入れ歯の場合は、上顎、または、下顎の歯が全て失われた際に製作する入れ歯です。一本でも歯の形が残っていれば部分入れ歯になります。しかし、自分の残された天然歯が僅かしかないからと、全て歯を抜き総入れ歯にすることが良いとは限りません。
例えば、残っている天然歯が比較的健康であれば、その歯を活かした入れ歯の方が良い場合もあります。また、入れ歯を作る際には、噛み合わせが最も重要なポイントになるのですが、特に総入れ歯の場合は、歯が失われて入れ歯を支える歯が1本も無いので、部分入れ歯以上に入れ歯製作の難易度は上がります。なので、噛み合わせのバランスで入れ歯の良し悪しが大きく変わります。

このように、患者さん一人一人の口腔内環境をしっかり診察し、それぞれの方に最適な入れ歯のご提案をしていくことが歯科医師の大事な努めです。

2.良い入れ歯の条件とは?

正しく計測して作られた入れ歯

入れ歯と言うのは、患者さん一人一人の口腔内環境に合っていなければ、入れ歯を装着したとしても落ちやすい入れ歯になってしまいます。また、自分の口に合っていない入れ歯は、肩こりや骨盤の歪みなど体の健康面においても悪影響を及ぼします。
この入れ歯が自分の口に合っていない要因には、入れ歯製作時にしっかり計測されていないことが挙げられます。良い入れ歯であれば、患者さんの口腔内の形や特性などをきちんと調べて把握し、その上で計測を行い骨格に合わせた入れ歯を製作しています。また、正しく計測して作られた入れ歯なので、正しい噛み合わせが出来る入れ歯とも言えます。
入れ歯の最も重要な役割と言うのは、言うまでもなく食べ物を噛むことですよね。しかし、普段は特に感じなくても食べ物を噛む際に毎回痛みがあったり、入れ歯がズレたり、落ちてしまったりする場合、これは入れ歯の噛み合わせが合っていないことが原因なのです。
 

審美的に優れている入れ歯

審美的に優れていることも、入れ歯にとって大事な要素です。
入れ歯を装着している方の中には、人と話す、笑う、食事するなどの際、手元を手で隠す方がいます。そのような方の入れ歯を見てみると、綺麗に並らんだ入れ歯ではありますが、いかにも入れ歯であることが見て分かるような入れ歯をされています。
入れ歯と言うのは、ただ物を食べる時だけの器具ではありません。口を開いた時にも、見た目が自然であり違和感がないことも大事で、堂々と笑うことができるモノであるべきですよね。

入れ歯は、スマイルラインや顔の表情に大きく影響を与えます。
歯と言うのは、顔の形や色味なども考慮した上で患者さんの希望も聞き、どんな入れ歯にするか決定し、そして、患者さんと一緒に1本1本の歯を顔を見ながら目の前で並べていき、納得のいく歯並びを確認していきます。
笑った際にはスマイルラインはハッキリと、立体感があって素敵な笑顔、これが製作の段階で大事であり、人それぞれ顔形が違うように患者さんに合った歯並びが重要なのです。すなわち、容貌調和と言うのが大切になります。
 

優れた良い素材を使用した入れ歯

良いモノを作ろうとすれば、やはりその為には良い素材が必要ですよね。入れ歯に使用する素材にも色々な物があるので、良い素材を取り入れて機能的にも口腔内環境にとっても、良い物を使用することに超したことはありません。
入れ歯を製作する際には、保険診療と自由診療があり、保険診療では費用も安く済みますが入れ歯に使用できる素材は一般に義歯床にレジンが使われます。自由診療では、チタン床など金属床と素材を選択することが出来、保険診療の入れ歯に比べて薄い入れ歯に仕上げることができますが、保険診療の入れ歯では、入れ歯の素材特性に考慮しなければならず厚い入れ歯になります。
なので、入れ歯としての違和感は大きく、日常生活における様々な場面で支障が出る度合いが変わってきます。
 

アフターフォローで機能回復可能な入れ歯

入れ歯と言うのは、入れ歯が完成したからと言って、直ぐに患者さんとの口にピッタリ合う訳ではありません。治療現場と日常生活では、口の中や頬の動きが違いますよね。
口腔内に合った入れ歯に作られていても、日常生活において習慣性筋肉の働きの影響で患者さんの口腔内に入れ歯が合っていないことが出てくるからです。また、患者さんに合った筋肉づくりをしていくことも必要なので、入れ歯がピッタリと口にフィットするまでには、個人差はありますが最長約3ヶ月の日数がかかります。その間に入れ歯の調整を何度か行っていくことで、自分の口に合った入れ歯になっていきます。
その為、新しい入れ歯の場合は、数ヶ月の入れ歯調整を行うことが必要で、その調整を経て入れ歯が自分の歯になります。また、入れ歯も消耗品なので、長期使用していればヒビ割れ、修理、部分取り替えなども必要です。折角自分の口に馴染んだ入れ歯なので、劣化したからと言う理由で新たに作り替えるのは、製作費用や時間などのコストを考慮しても望ましくありません。
良い入れ歯であれば、アフターフォローで入れ歯の機能を修復することができます。

3.入れ歯製作は歯科技工士の技量によって変わる!

入れ歯と言うのは、土手形状は千差万別です。なので、そこは歯科技工士さんの技量になり、この時点で良い入れ歯になるかの評価は決まります。
顎部分の大きい入れ歯の場合、吸盤効果が大きくなるので入れ歯をしっかり支えられることができますが、縁の痛みや装着の違和感を訴える方は少なくありません。また、顎部分が小さい入れ歯の場合、邪魔ではなくとも支える面が少なく外れやすい、強く噛むと土手が痛いなど、また違ったトラブルを抱えてしまうこともあります。
このように、技量によっても入れ歯の見た目や噛む機能に差が出てくるものでもあるので、患者さんの全体像をしっかり見て、その人に合った入れ歯設計をする歯科医師や歯科技工士の技量もポイントになります。

まとめ

ここでは、良い入れ歯の条件やポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
良い入れ歯の条件には色々あります。ですが、ご予算や希望もあると思うので、それに見合った患者さんにとっての最善の歯科治療のご提案をさせて頂いております。
また、現在入れ歯を使用されている方で、入れ歯のお悩みがある方もお気軽にご相談下さい。入れ歯生活がより良いものになるようしっかりサポートさせて頂きます。