HOME | 入れ歯コラム | 入れ歯とインプラントは何が違うの?入れ歯とインプラントとの違いとは?

入れ歯とインプラントは何が違うの?入れ歯とインプラントとの違いとは?

総入れ歯

 

パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

 
以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。
パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。

パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

皆さんは、歯の補強治療を行う際、入れ歯とインプラントで悩まれる方は多いのではないでしょうか?
失った歯を補う為の治療として、取り外し式入れ歯、固定式ブリッジ、インプラント、これら3つの方法が挙げられます。
それぞれに良さが挙げられますが、ここでは、入れ歯とインプラントに関して治療法の違いをお届けします。
 

 目次
1.入れ歯とインプラントについて
2.入れ歯とインプラントとの違いについて
まとめ

1.入れ歯とインプラントについて

入れ歯とは

入れ歯には、主に2タイプのものがあります。先ず一つは、部分入れ歯です。部分入れ歯は、歯が上、或いは、下において片側の1本でも残っている場合の方が対象になる治療です。
そして、もう一つは、総入れ歯です。総入れ歯は、上下の片方において全て歯が無い方が対象の治療になります。
また、入れ歯と言うのは、床部分の薄さや素材でも、食事の具合や価格も異なってきます。金属床入れ歯の場合は、プラスチック入れ歯に比べて強度がありますが、その分、価格は割高です。
隣の歯に入れ歯の金具を引っ掛ける必要がり、基本的に金属製である為、美審的な見た目が劣っていたり、引っ掛けている自分の歯が悪くなりやすかったりなどの問題もあります。
それを解消した入れ歯がノンクラスプデンチャーと言われている入れ歯で、全体的に柔らかいタイプ、金具部分が目立たないタイプなどがあります。

インプラントとは

インプラントは、歯ぐきに埋め込む人工歯を指します。
インプラント治療と言うのは、歯が失われた箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入して歯を補います。歯を失った治療法にはブリッジや入れ歯などは一般的ですが、最近は、インプラント治療希望者も増えています。
歯は、目で見える部分と支える歯根から成り立っており、歯が失われた状態と言うのは、歯を支える歯根も失うことになります。
インプラントと差し歯の違いが分からない方もいると思いますが、差し歯と言うのは、まだ歯根が残った状態で行われる治療で、一方、インプラントと言うのは、抜歯が必要な際に歯根が無い場合に行われる治療になります。

院長のイラスト

インプラント治療が増えている? いや統計で見ると、インプラントの出荷本数は激減していますけどね。くれぐれも、インプラント治療自体が悪い方法ではありませんよ。

2.入れ歯とインプラントとの違いについて

手術の有無

インプラント治療を行う際の必須条件には、顎骨の健康が挙げられます。
インプラント本体が埋まる面積が確保出来ない場合、インプラント治療は行うことが出来ないからです。なので、重度の歯周病や根尖病変が原因で歯が無いと言う方は治療不可になることもあります。(入れ歯であっても顎骨状態は大事で、安定感を図る上でも大事になります。)

通常、インプラントを埋入するには外科手術が行われます。何か体に問題がある場合には、インプラント治療が難しくなります。なので、全身の状態によっては、安全性が考慮されてインプラント治療が禁止される場合もあります。
インプラント治療の成功率は、患者さんの顎骨状態や歯科医師の技術力で変わります。手術時間の目安は約1~2時間程度となります。
インプラント治療後は、インプラント本体と顎骨の接着待機期間を要し、被せ物をして約3ヶ月~1年かけてインプラント治療が完了します。

一方、入れ歯の場合は、金属製バネを使用することもあり金属アレルギーの確認が行われますが、金属アレルギーの方の場合は、金属不使用の入れ歯作製も可能です。入れ歯作製時には、型採り~装着までに約2ヶ月程度時間を要します。
特に、インプラント治療のように手術や処置をすることはありません。

歯に対する影響

インプラント治療では、土台を顎骨に直接固定するので隣の歯への負荷がありません。しかし、インプラント土台周辺で炎症が生じ、インプラント周囲炎になった場合、進行が早いので隣の歯や歯茎に炎症が及んでしまうことがあります。

一方、部分入れ歯治療では、クラスプと言われる金属製バネで入れ歯を固定します。なので、どうしても噛む際に咬合圧がかかり、清掃がしにくいので虫歯になりやすいリスクはあります。しかし、自費の入れ歯の中には、磁力固定するタイプもあり、クラスプを使用せず固定できる入れ歯もあります。

院長のイラスト

そうですね、インプラント治療により、その隣の歯への負担は少なくできるかもしれませんが、しかし噛み合う相手の歯、例えば下の歯をインプラントにしたら、上の歯に力がかかるのは当然のことです。そして、その影響はそこだけにはとどまりませんしね。

 

処置後のお手入れ方法・使用期間

インプラント治療は、歯の取り外しは出来ないので歯ブラシでのお手入れになります。

一方、入れ歯は、口から入れ歯を取り出して専用ブラシで磨き、入れ歯洗浄剤に浸すお手入れです。自分の歯のお手入れももちろん必要ですが、入れ歯が大きい方は取り外して入れ歯の汚れを確認しながらケア出来るので衛生的に維持が可能です。
処置後のトラブルには、インプラントの場合であれば、骨内の炎症、歯周病、インプラントの破折、骨が正常に接着しないなどのケースが挙げられます。症状にもよりますが、インプラントを撤去する必要が出てくる場合もあります。
入れ歯では、入れ歯の破損、緩み、部分的な圧力での痛みなどのケースが挙げられます。なので、調節、または、作り直しが必要となることもあります。

インプラントの寿命に関しては、顎骨状態、お手入れ方法、メインテナンスで差が出てきます。定期的に検診やケアをしっかり行っていれば、永年的に使用することが可能な場合もあります。
入れ歯の場合は、調節後も症状改善されなければ作り直しが必要ですが、大きな顎骨状態の変化が無い限りは、調整で解決することが出来る場合が殆どです。

院長のイラスト

そもそも入れ歯の作り替えが必要な場合と言うのは、ここに書いてあるように大きな顎骨状態の変化がある場合なんです。合わない入れ歯を長期間入れ続けていると、大切な顎の骨が減ってきてしまうのです。この大切な顎の骨を守るのがパリムデンチャーです。
そしてインプラントのセルフケアの難しさですね。もしあなたが寝たきりの状態になったとして、誰があなたのお口の中の複雑なインプラントを磨いてくれるのでしょう。

 

歯の美審性

インプラント治療では、歯ぐきの中に歯の土台を作って、その土台の上に人工歯を付けていきます。なので、歯の美審性に関しては天然歯と変わらない見た目に復元可能です。

入れ歯の場合は、保険適用入れ歯は使用材質が決まっているので、入れ歯を固定するクラスプが目立ちます。総入れ歯の場合も、素材の強度の問題から入れ歯を薄く作ることは困難なので、歯義歯床は人から見ても分かりやすくなります。
しかし、自費の入れ歯の場合は、薄くてフィット感のある素材、固定金属が不要なタイプ、歯茎に違和感がないタイプもあるので、審美性の高い入れ歯が可能です。

院長のイラスト

健康なお口の状態だった方が、事故などで 一部歯を失ったというような場合などは、インプラントで本当に元通りにできる可能性が高いです。
ただ多くの場合は、そうではありません。骨が減っていると歯肉も減ります(位置が変わります)。 結果的に、歯の長さが不自然に長い被せ物の歯ができてしまうことも想定しておいてくださいね。

まとめ

ここでは、入れ歯とインプラントの違いについてお届けしてきましたが、いかがでしたか?
入れ歯でお悩みの方、またインプラントと迷っている方、色々な方がおられると思います。歯の悩みが解消するだけで、笑顔で過ごすことができ人とのコミュニケーションもスムーズになります。
また、人生の楽しみが何倍も増えますよね。お一人で悩まず、先ずは相談にいらっしゃいませんか?患者様の状態に合わせてご相談させて頂きます。