HOME | 入れ歯コラム | 入れ歯の料金相場とは?保険は効くの?どんな種類があるの?入れ歯の疑問を徹底解説

入れ歯の料金相場とは?保険は効くの?どんな種類があるの?入れ歯の疑問を徹底解説!

入れ歯

 

パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

 
以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。
パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。

パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

パリムデンタルクリニック 院長のイラスト
一度、失ってしまった自分の歯と言うのは、二度と戻ってはきませんよね。ですが、現在は様々な歯の治療法で、歯を失う前の状態に近づけることが可能です。

皆さんの中で、これから入れ歯を検討されている方もいますよね。ここでは、入れ歯の基礎知識についてお届けします。是非、入れ歯にする際の参考に役立てて下さいね。
 

目次
1.主な入れ歯の種類について
2.インプラントと入れ歯の違いについて
3.入れ歯の保険適用・自費費用について
4.総入れ歯・部分入れ歯のメリットについて
まとめ

1.主な入れ歯の種類について

①自分の残っている歯の本数で決まる

入れ歯は、自分の残っている歯の本数で入れ歯の種類を決めることができます。この場合は、2択で選択できるのですが、総入れ歯と部分入れ歯があります。先ず、総入れ歯の場合、虫歯や歯周病などで歯が抜ける、歯を抜かなければならない、このようなことがあります。これによって自分の歯が全て無くなってしまう場合には、総入れ歯を使用します。総入れ歯は、歯の見た目を改善したり、食事や会話も楽にしたり、日常生活が送りやすくなります。

一方、部分入れ歯の場合、虫歯や歯周病などで歯を失うことになった際に使用します。総入れ歯と異なる点には、失った歯の本数が違ってきます。例えば、部分入れ歯では、歯を1本だけ失ったり、数本だけ歯を失ったり、そのような場合に部分入れ歯を使用します。自分の歯を1本失うだけでも、噛み合わせ、会話、食事などにも大きな影響を与えることになります。

院長のイラスト

入れ歯の形、分類としては、残ってる歯の本数で決まりますが、 食事や会話という機能回復のことを考えると、 単純に本数だけでは決まりません。
例えば、お口の中に1本だけ自分の歯が残っているという場合は、 機能の回復や快適性を考えると、納得されるなら部分入れ歯ではなく総入れ歯の方が正解ですね。

 

②入れ歯の材料や素材で決まる

入れ歯は、入れ歯の材料や素材で決めることができます。この場合は、3択で選択できるのですが、レジンのみを使用、レジン+金属を使用、レジン+シリコンの素材があります。

先ず、レジンのみを使用の場合、「resin(レジン)」と言うのは英語で樹脂を意味し、樹脂で出来ています。レンジはピアスやキーホルダーにもなっており、色々な用途で使用されています。固める前は液状なので成形も自由自在で、入れ歯にもレジン素材が使用されています。このレジンだけを使用した入れ歯のことで、歯の白い部分や歯茎のピンク部分もレジンで作られています。
金額は、部分入れ歯で約5000~15000円、総入れ歯で約10000~15000円が目安となっています。

次に、レジン+金属を使用の場合、レジンと金属を組み合わせた入れ歯となっています。レジンのみの入れ歯では、食事中に食べ物の温度が感じにくい、厚みがあって話しづらいなど、少し大変に感じることがありますが、これらを改善したこのタイプの入れ歯です。
レジン+金属の入れ歯は保険適用では無いので、金額は、部分入れ歯で約数万円~、総入れ歯で約25万円~が目安となっており、いずれもこの金額は入れ歯1つあたりの金額相場です。なので、自分の残っている歯の本数で金額は変動します。

そして、レジン+シリコンを使用の場合、レジンのみの入れ歯と見た目に関してはそこまで大きく変わりませんが、痛みが出やすい部分があったり、痛みに敏感だったりする方には、レジン+シリコンの入れ歯もあります。シリコンの部分が口の温度で柔らかくなるため、痛みを感じにくいのが特徴です。例えば、下顎は痛みが出やすい理由からレジン+シリコンの入れ歯、上顎のみレジンのみの入れ歯、という方も多いです。
レジン+シリコンの入れ歯も保険適用では無いので、約10万円~が目安となっています。

院長のイラスト

パリムでも、 部分入れ歯は失った歯の本数と 入れ歯の費用はある程度比例します。 しかし、 その部分入れ歯の料金体系の延長線上に総入れ歯の費用はありません。
どうしてかというと、 部分入れ歯と総入れ歯は 実は全く違う治療だからです。
部分入れ歯治療と同じ様に、総入れ歯治療を考えているから、世の中に全く機能しない総入れ歯が、こんなにたくさんあるのですね。

 

③入れ歯の形で決まる

入れ歯は、入れ歯の形で決めることができます。この場合は、3択で選択できるのですが、バネの無いタイプ、磁石付きタイプ、インプラントを組み合わせたタイプがあります。

先ず、バネの無いタイプの場合、総入れ歯で無い限り基本は針金を使用して入れ歯を支えます。なので、バネの無いタイプと言うのは、この部分が無い入れ歯になります。バネ部分が無いので、歯の見た目が良いことが挙げられます。周りにある自分の歯や歯茎と上手く馴染むので、周りから入れ歯だと気付かれにくいです。また、金属アレルギーの方も使用可能となっています。
この入れ歯は保険適用では無く、金額は約5~15万円が目安です。保険が効かないので自由診療になる為、各歯科医院で金額設定は変わります。

次に、磁石付きタイプの場合、入れ歯を歯の根っこ部分と入れ歯の裏側に磁石を付けて、磁力で入れ歯を支え、磁力で入れ歯の動きやガタつきを防止します。また、自分の残っている歯が少ない場合でもしっかり入れ歯を支えます。入れ歯を支える針金が不要なので、見た目も良いです。
この入れ歯は保険適用では無いので、金額は装置1つ約数万~10万円が目安となっています。

そして、インプラントを組み合わせたタイプの場合、インプラントと言うのは、通常は数本歯を失った時に使用するので、被せ物のような見た目になります。なので、インプラントを入れてから、その上に入れ歯を使用するという方法もあります。歯が殆ど無い場合には、総入れ歯にするケースが多いです。総入れ歯は、粘膜吸着力のみで入れ歯を支えるので、不安定さやガタつきがあり、それが気になる方にはこのタイプはお勧めです。
金額は約100万円~が目安となっており、各歯科医院で金額には開きがあります。

院長のイラスト

いやはや根本的に間違っていますね。総入れ歯と言うものが吸着力のみで入れ歯を支え、不安定やがたつきがあるものと言うのはまったくの間違いです。それは単純に失敗しているだけです。
また、インプラント治療自体が悪いと言う事は全くありませんが、固定式の歯が 上下にあればおいしく噛めるというのは、 残念ながら妄想です。
パリムでの総入れ歯を使用し、数年しても「先生、何でも美味しくいただいています」です。 もちろん入れ歯安定剤など不要です。

2.インプラントと入れ歯の違いについて

手術の必要性の有無

インプラント治療と入れ歯治療の大きな違いは、手術の必要性です。インプラントでは、顎骨とインプラントボルトを結合させるので、骨の中にボルトを埋める作業が必要です。なので、その際に小手術を行います。小手術と言うのは、大手術のように全身麻酔は使用せずに局所麻酔で手術を行うことです。
手術リスクのある高血圧の方や糖尿病の方などが患者さんの場合には、患者さんのバイタル計測しながらの手術になります。インプラント手術では、麻酔をかけて手術終了まで約1時間~1時間程度が目安です。
近年、インプラントを埋める方向を事前シュミレーションできる機械が登場しており、ガイドライン作成後に手術する歯科医院も増えています。シュミレーションとガイドライン作成で、麻酔後、早ければ約15分程度でインプラント手術が終了する場合もあります。

一方、入れ歯治療の場合は、手術は不要なので、手術をしたくなかったり、できなかったりする患者さんとっては、入れ歯治療はお勧めです。

口の中の状況はどうなっているか

インプラント治療が可能か、また、そうで無いか、これを判断する一つには患者さんのお口状況が関係します。
まず、インプラントを埋める十分な顎骨に厚みが無い場合、インプラントは出来ません。顎骨の厚みの確認はCTを行い骨や歯を立体的に観察し、患者さんの口の中で見えない部分も見ます。
また、「インプラントは歯周病にならない!」と思っている方も多いと思いますが、実は、それは間違いです。
インプラントの歯周病としてインプラント周囲炎を発症します。なので、インプラント周囲炎予防には、歯磨きをしっかり行って残っている歯が綺麗かと言う点も判断材料になります。
 
入れ歯治療を検討する場合でも、口の状況と言うのは大切なポイントです。入れ歯治療でも顎骨の厚みは大事大切です。
理由は、顎骨の中には神経が走っており、万が一、骨が薄くなっている上に入れ歯をしている場合、入れ歯を噛んだ勢いで神経圧迫によって痛みを訴えることもあるからです。なので、入れ歯に緩衝材を設けるなど、入れ歯治療で口の状況はしっかり見ていくことが大切です。また、入れ歯でも部分入れ歯でも作成すると残っている歯に金属のバネをかける必要がありますよね。残っている歯が丈夫であれば、バネをかずとも問題ありませんが、不安定で今にも入れ歯が抜けそうな歯には、バネをかけることで歯に負担無く生活出来ます。
入れ歯と言うのは、比較的に自分の口の中で自由に設計することができるので、残りの歯の状態をしっかり考慮しながら、入れ歯設計作成が可能です。

治療出来る・出来ない患者さん

インプラント治療では、治療ができる患者さんとできない患者さんがいますよね。顎骨が薄い方の場合、骨を増やす処置を行ってインプラント治療を可能にしています。では、一体どういった患者さんがインプラント治療を行うのかと言うと、持病持ちの患者さんになります。
また、インプラント治療が出来ない代表的な疾患には、骨粗鬆症、肝硬変、糖尿病、心筋梗塞が挙げられます。骨粗鬆症と言うのは、骨がもろくなる病気で、骨の密度がスカスカになってしいます。なので、インプラント手術後の予後が悪くなるのです。
また、肝硬変方と言うのは、アルブミンと言われる血液中タンパク質の合成ができない状態なので、同時に、血液を固める因子も合成できません。結果的、肝硬変の方は出血が止まりにくくなります。
インプラント手術では出血が伴う為、肝硬変の方は治療がしにくいです。さらに、糖尿病と言うのは血糖値コントロールができないので、免疫力低下の傾向があります。インプラント手術と言うは、無菌に近い状態で行われていますが、細菌感染リスクはゼロと言う訳ではありません。心筋梗塞の方であれば、発作から半年以上経過しなければ歯科治療もできません。
 
逆に、入れ歯治療が出来る方と出来ない方、そこには明確に決まりと言うのはありません。なので、安全性はインプラントよりも高いと言えます。

院長のイラスト

もう一つありますね。インプラントを行ってもらうのであれば、 タバコは絶対だめですよ。 タバコは歯を失う原因の1つでもありますが、インプラント失敗の原因にもなりますから。

 

治療期間・治療費用が異なる

治療期間は、インプラントと入れ歯では異なります。インプラントは、手術後、骨とボルトが結合するまで待つので、半年程度手術後に期間がかかります。その点、入れ歯治療の場合、3カ月程度の治療期間になるので、インプラントと比べると治療期間は大幅に短くなります。入れ歯治療では、自分の入れ歯を作る際に、歯科技工士によって入れ歯の作成期間を待つので、数ヶ月で治療が完了します。
 
また、治療費用は、インプラントと入れ歯ではそこまで変わりがない、そう思っている方は多いのではないでしょうか?その根底には、保険診療が出来るか否かがかかっており、保険診療適用の場合は、実費の3割負担で済ますことができます。
 
インプラント治療は、基本的に保険診療適用外なので、10割負担で治療費が高額になります。しかし、入れ歯であれば保険診療適用内の入れ歯もあったり、場合により自費診療で入れ歯を作成することが出来たり色々と選択肢が広がります。

治療途中のリスク・治療後のアフターケア

インプラントは、手術が必要なことはもちろん、治療途中にリスクが付いてきます。インプラントを骨に埋めボルトと骨が結合するまでの期間は、治癒遅延が生じるリスクがあったり、手術の際に顎骨の中を走る神経や血管を傷つけたりするリスクを伴います。しかし、入れ歯治療では、こうした治療リスクが少ないことが挙げられます。入れ歯が完成するまでの期間に、患者さんが関わることと言えば型取り程度で、後は各専門のプロに任せられるだけなので、低リスクの良さがあります。
 
しかし、インプラントも入れ歯も治療終了すれば終わりでは無く、その後のアフターケアも大切になります。例えば、インプラントの場合であれば、治療後にしっかり歯を磨けているか、綺麗な状態を維持できているかなどは重要です。インプラントや口腔内を不潔にしていたことで、インプラント周囲炎を引き起こす恐れがあります。インプラント周囲炎は、歯周病と同じく骨を溶かし、インプラントと骨の結合も緩くさせます。インプラント周囲炎になっていないか、現状リスクがどの程度あるか、その判断する為には定期的に歯科医院へ通院してチェックすることが大切です。
 
また、入れ歯の場合であれば、完成後も噛み合わせの調整が必要で、噛み合わせが安定するには一定期間を必要とし、その間には不都合が生じやすいことが挙げられます。安定した噛み合わせにしていく為にも、複数回来院して入れ歯の管理方法も指導を受けるのがお勧めです。入れ歯を管理していく方法、清掃を行う方法などに関しても、治療後の通院でしっかり指導してもらいましょう。

院長のイラスト

多くの場合、インプラント治療を行った後のお口は複雑で、セルフケアがしにくい状態になっています。
そのため、1年に数回そこそこの費用をお支払いして、インプラント周りの清掃を行ってもらう必要があったりしますね。

 

歯の見た目と耐久期間も変わる

インプラントと入れ歯では、歯の見た目も変わってきます。入れ歯の場合は自分の歯となる義歯をまとめて一気に製作しますが、インプラントの場合は自分の歯となる義歯を1本ずつ作製します。なので、自分が希望する歯の見た目に変えることができます。
また、インプラントの被せ物には、自然な見た目の歯の色を使用することができます。通常の入れ歯では、入れ歯を落下して割れた場合、本来の耐久年数よりも持ちが悪くなりますが、インプラントはケアを行えば10年、20年と長く持つことができます。
しかし、入れ歯は金属使用の入れ歯なので、耐久性のある入れ歯を作ることが可能です。

院長のイラスト

 おいおいと言いたくなりますね。 入れ歯の前歯も、1本1本が歯の形をしたものを並べていくことが一般的です。
どちらかというと、 インプラントは残っている歯の位置に合わせて かぶせて行かないといけないので、過去には、インプラント後に被せた歯が、異常に幅の広い前歯や、あまりにも長い前歯になってしまい、 取り返しがつかない状態で相談に来る方も。

 

残っている歯への影響

インプラントは、失われた自分の歯を治療で1本ずつ確保することができるので、歯への影響は少なくなります。しかし、入れ歯は、金属バネを残っている歯にかけて入れ歯を固定します。
金属バネの部分は綺麗にしにくいので、虫歯リスクは高くなります。また、金属バネは噛む力と入れ歯を固定する力が生じるので、残っている歯に強い力がかかると歯は弱くなります。なので、歯に影響を与えないよう、入れ歯と残っている歯を磁石固定する入れ歯もあり、それは自費診療の入れ歯になりますが、残っている歯を考慮しながら歯を整えていくことができます。

 
院長のイラスト

ある1つの条件を満たせば、インプラントが他の歯を守るという理屈は無い事もありません。
ただ残念ながら、多くの場合その条件を満たしておらず、 インプラントをして、かぶせた歯が噛み合う相手の歯が壊れてきたり、 それこそ、お口のあらゆるところが壊れてくるという事がありますよ。

 

治療できる歯科医院の違い

インプラントと入れ歯では、治療することができる歯科医院は違います。インプラント治療に関しては、講習会や勉強会への参加が必要であり、インプラントは実績や経験がない歯科医師では難しいです。その点、入れ歯に関してはどこの歯科医院でも治療することが可能です。自費診療で良い入れ歯作製を依頼した方であれば、入れ歯に特化している歯科医師での治療がお勧めです。
また、年齢制限も忘れてはいけないポイントです。インプラントは10代では適用不可な所が多く、その理由は顎骨が成長段階だからです。顎の成長に悪影響を与えるので、10代のインプラント治療は見送りましょう。入れ歯治療に関しては、特に年齢制限は基本的にありません。なので、10代の成長途中であったとしても、個々の成長に合わせた入れ歯製作が可能です。

3.入れ歯の保険適用・自費費用について

①保険適用の場合                              

保険入れ歯に使用される素材・特徴

入れ歯治療でも最も利用が多いのが保険入れ歯です。
保険適応入れ歯の場合は、入れ歯で使用される素材はプラスチックになります。歯部分や歯ぐきの部分は全てプラスチック素材となっており、部分入れ歯で使用されるバネは金属になっています。
保険入れ歯は、比較的短期間作製ができるので、歯を失ってしまっても早い期間で歯の機能回復が可能です。また、入れ歯の価格もリーズナブルな点も特徴です。ですが、保険入れ歯はコスト重視の入れ歯になるので、使用可能な素材と言うのは限られるので、最低限の噛むことの機能回復的な保険治療となると、機能性や美審手的には限界があります。
また、部分入れ歯になれば自分の歯に引っ掛ける金具が見えること、また、総入れ歯になれば床分に厚みが出ることが挙げられます。なので、少し違和感に思う点は覚えておきましょう。

保険入れ歯の費用相場

部分入れ歯の場合では、自分の歯を補う歯の本数で値段に変動があります。ですが、目安として約500014000円程度となっています。
また、総入れ歯の場合では、上下の片側だけで約1000015000円程度となっています。他にも、保険入れ歯を再度作り直す場合には、前回入れ歯を作ってから半年経過していなければ、入れ歯の作り直しは出来ません。

②保険適応外の場合

入れ歯の選択肢の幅が広がる

保険適応外の自費入れ歯では、保険入れ歯では使用することが出来ない入れ歯の素材で、自分に最適な入れ歯の作製が可能です。なので、見た目の美審性や装着のフィット感などに大きな差が出ます。
例えば、部分入れ歯を製作する場合でも、保険入れ歯ではバネや金具がどうしても見えてしまうものしか選択肢はありませんが、保険適応外の入れ歯製作では、ノンクラスプデンチャー、バネ部分が透明タイプなど、入れ歯をしていることが分からないタイプもあります。
また、総入れ歯を製作する場合では、保険では床部分はプラスチック素材になりますが、保険適応外になれば金属床を選択できます。保険入れ歯は素材がプラスチックなので素材的にはやや弱い面があり、入れ歯を落としてしまった際の衝撃で割れを防止する為に、入れ歯自体に厚みをもたせた作りになっています。
なので、保険総入れ歯になると、装着感に違和感があったり、味が伝わりにくかったりするのがデメリットと言えます。

一方、保険適応外の入れ歯では金属床を選択出来るので、入れ歯自体が薄くて丈夫で衝撃に強く、装着感にも優れています。また、熱伝導も良いので食事も美味しく頂くことができます。

院長のイラスト

もしあなたが、パリムで「 保険と同じ入れ歯の材料で、快適な入れ歯を作って欲しい。」 とおっしゃれば、私どもは全く問題なく快適な入れ歯を作る事が可能です。
保険治療に用いる材料が悪いからというのが、根本原因ではありませんよ。

 

保険適応外入れ歯の費用相場

保険適応外入れ歯では、入れ歯の使用材料で値段は変動します。良い材料と手間をかけて作製した入れ歯の相場は、部分入れ歯で約15万~200万円、総入れ歯で約30万~300万円が目安となっています。

院長のイラスト

上下の総入れ歯を作って3,000,000円ですか!高いですね。
パリムでのベストの総入れ歯治療では、 特許・治療用義歯を連続2日で完成、その後の咬み合わせ治療、 そしてベストの総入れ歯・パリムデンチャー(快適超精密義歯) と、上下の入れ歯2セットとすべての治療費込みで4,000,000円ですからね。

4.総入れ歯・部分入れ歯のメリットについて

総入れ歯のメリットとは?

総入れ歯の良さは、発音や食事などが快適にできたり、頬にハリが出るので若返り効果も見られたりする事です。
近年、入れ歯技術も進歩し強度に優れていたり、装着時に違和感がないものがあったり、種類も豊富になっています。

保険総入れ歯は、入れ歯タイプが限られますがリーズナブル価格で製作でき、破損した際の修理も簡単です。歯を大きく削ること無く歯型を採るだけで製作可能なので、痛みもなく短期間での治療で終了します。
インプラント手術では、持病や全身状態との関係性もあるので、高齢になる程治療できないことも出てきますが、若い方から高齢者の方まで安心・安全に保険入れ歯は可能です。

インプラントは、早くても約3ヶ月程度ですが、総入れ歯治療は約1ヶ月程度で、期間的メリットもあります。総入れ歯は、費用負担が少ないことや自分に合った入れ歯使用ができるので、食事や会話、もスムーズに行うことができ、日常生活を快適に過ごせる良さがあります。

院長のイラスト

インプラントをした後に困ってる人もいれば、パリムデンチャーのように、 入れ歯でも快適に生活している方もいることをぜひ知ってくださいね。

 

部分入れ歯のメリットとは?

部分入れ歯の良さは、健康な歯を削ること無く、部分治療ができることです。
インプラントは手術が必要ですが 手術をすること無く比較的簡単に治療ができ、治療期間も数週間程度で部分入れ歯は出来上がります。また、その時々で口の中に合わせた調整もでき、尚且つ、総入れ歯やインプラントより費用がリーズナブルな点が一番の魅力です。
保険入れ歯にすれば経済的に治療ができ、口が変形して入れ歯の形が合わなくなっても、入れ歯の調整や改造を行ってその後も使用可能なので、費用負担も軽減します。

また、入れ歯の取り外しが可能なので、口の中の清潔を保つことができ、部分入れ歯は健康な歯を抜かず歯の無い部分だけが入れ歯になるので、自分の健康な歯はしっかり残ります。
部分入れ歯で挙がる違和感が気になる方も、専用の安定剤を使用する事で改善される事が殆どで、部分入れ歯の種類も豊富なので、目的、用途、予算に合わせて部分入れ歯製作ができます。
部分入れ歯は、治療時間も短く経済的なので、丁寧に使用することで満足できるものと言えます。

院長のイラスト

一般的には総入れ歯に比べ部分入れ歯の治療は簡単と思われがちですが、実は部分入れ歯は大変難しい治療です。
ですからそこは安易に考えて、入れ歯の種類だけで選ぶ事は避けた方が良いでしょう。

まとめ

ここでは、入れ歯の基礎知識についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?それぞれの入れ歯には、保険適応・適応外の入れ歯があり、色々なタイプがあるので、特徴を踏まえた上で自分にピッタリの入れ歯を選びましょう。入れ歯で歯を補強することで、日常生活を今まで通り快適に過ごすことができ、日頃感じていた歯のストレスも軽減します。自分にはどの入れ歯が合うか、是非、色々とポイントを押さえながら検討してみて下さいね。