HOME | 入れ歯コラム | 入れ歯・義歯の種類やメリット・デメリットについて知っておきたいこと!

入れ歯・義歯の種類やメリット・デメリットについて知っておきたいこと!

入れ歯の種類・メリットデメリット
パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

 
以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。
パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。

パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

皆さんは、入れ歯を製作しようと思った際に、入れ歯にはどんな種類があるかしっかり把握しているでしょうか?
入れ歯と一言で言っても、色々と種類があるので、色々な入れ歯を比較検討することは大事です。ここでは、入れ歯・義歯の種類やメリット・デメリットについてお伝えします。
 

 目次
1.保険適応の入れ歯とは?
2.保険適応外の入れ歯とは?
3.入れ歯のメリット・デメリットとは?
まとめ

1.保険適応の入れ歯とは?

総入れ歯・部分入れ歯

総入れ歯は、自分の天然歯を全て失っている場合の入れ歯になります。保険適応の総入れ歯では、レジンと人工歯から成り立っています。
 
総入れ歯の良さは、歯が全く失われた状態でも、食べ物をしっかり噛めるように出来ている点です。ですが、支えとなっている歯が1本も無いので、総入れ歯は歯茎に器具が乗っている状態になります。
特に、歯茎骨が退縮している方は、安定感を確保することが難しいので、歯科医師の技量が試されるものでもあります。入れ歯が自分の口に適合していなければ、入れ歯を装着したとしても入れ歯の内側に食べ物が入ってしまうこともあります。また、口の中で入れ歯での食事や会話など、安定させるまでには少し期間が必要となります。
 
一方、部分入れ歯もレジンと人工歯から作られています。しかし、入れ歯の安定性を図る為に、部分入れ歯は天然歯に引っかける金具が器具に付いています。
なので、総入れ歯とは違って歯を支える天然歯が残っている分、入れ歯としての安定感は良いです。ですが、入れ歯を使用していく内に、口腔内の変化で入れ歯がズレて緩くなることもある為、歯科医院で定期的に口腔内検診を受けることも大切です。入れ歯を装着したはじめは違和感を伴いますが、慣れていくとその違和感もなくなります。

2.保険適応外の入れ歯とは?

金属床の入れ歯

金属床入れ歯の特徴は、金属とレジンを組み合わせた作りになっています。
入れ歯の床の厚みが薄く作られており、表面の舌触りも良いので、入れ歯を装着した際の違和感が軽減されています。また、レジンの入れ歯と言うのは、食べ物の温度が伝わりにくいので入れ歯部分とそれ以外部分で感じる温度に差がありましたが、入れ歯に金属部分がある金属床入れ歯は、温度伝達しやすいように改善された入れ歯です。
 

シリコン床入れ歯

シリコン床入れ歯の特徴は、入れ歯の内面に柔らかいシリコン素材が採用されていることです。また、シリコン素材は性質として柔らかいので、噛む際に歯茎への当たりを吸収して痛みなどを緩和します。
歯が1本抜けた方〜全て抜歯がけた方まで利用でき、クッション性のある入れ歯です。
 

マグネット入れ歯

マグネット入れ歯の特徴は、天然歯が残っている場合のみ利用可能な入れ歯です。天然歯が少し残っている状態で、差し歯にする程歯が丈夫では無い場合に、歯の根部分だけ残して上から入れ歯で覆うタイプになります。
この歯の根部分に金属製の芯を入れ、その上覆る総入れ歯には磁石を埋め込むのですが、磁石と歯根の金属部分が接合することで安定性を高めた作りになっています。
 

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー入れ歯の特徴は、美審性が改善された入れ歯になっています。
保険適応の部分入れ歯では、残された天然歯に金属バネを引っかけて入れ歯の安定性を図る構造にないる為、美審性に関しては劣ります。奥歯の場合は別ですが、歯に銀色に光る金属が見えてしまいますよね。
その点、ノンクラスプデンチャーの場合はレジンでバネが作られ、金属バネで無い為美審性も改善されており、入れ歯を付けていることが気付かれにくくなっています。
 

コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャー入れ歯の特徴は、天然歯にバネを引っかけると言うこと自体を無くした入れ歯になります。
残された天然歯を金歯や銀歯にした心棒を立て、その上に部分入れ歯を被せて安定性を図る入れ歯です。入れ歯が完成した後は、入れ歯の調整代が必要であること、入れ歯を製作・調整できる歯科医院が限られることは覚えておきましょう。

3.入れ歯のメリット・デメリットとは?

入れ歯のメリット

歯を削らず手術無しの治療が出来る

入れ歯は、一部の入れ歯を除いては、天然歯を削ることなく入れ歯作製が可能です。また、一部の入れ歯では少し天然歯を削る場合もありますが、削る範囲が少なく他の天然歯の負担は軽いです。また、入れ歯では外科処置は不要です。昨今、インプラント処置が普及していますが、外科処置が必要なのでそれを敬遠する方もいます。そのような方にとって入れ歯と言うのは、外科処置不要は大きなメリットです。
 

どんな口状態でも製作出来る

入れ歯は、自分の天然歯に強い歯が残っていない場合でも、顎骨が少なくても、治療することが出来る歯科治療です。また、口腔内のお手入れやメンテナンスが行いやすいことも良さの一つに挙げられます。
入れ歯は、口腔内から器具を着脱可能なので、お手入れする場合も綺麗に清掃することが出来ます。さらに、入れ歯の場合はある一定条件を満たしていれば、自分が使用している既存の入れ歯修理が可能なので、比較的短時間、且つ、リーズナブル価格で修正が行え、手間もそこまでかからずに修正対応することが出来ます。
 

入れ歯のデメリット

入れ歯の種類により価格が割高になる

例えば、噛みやすさ、違和感の軽減、美審性を良くしたい、美味しく食事したい など、入れ歯を製作する際の要望がありますよね。こうした要望にそった入れ歯となると、入れ歯の種類や素材の提案と言うのが変わってくるからです。なので、それぞれの入れ歯の特徴や費用などを考慮し検討した上で、自分に合った歯科治療を行うのがお勧めです。
 

入れ歯調整方法や素材で痛みや不快感がある

入れ歯と言うのは、力がかかってしまうと変形してしまいます。
口腔内の粘膜の上に入れ歯は乗っている為、どうしても粘膜辺りの微調整には時間がかかります。また、保険適応で入れ歯を製作した場合には、使用可能な素材はプラスチックに限定されるので、強度を上げる為に厚みのある入れ歯の仕上がりになります。
そうすると、口と言うのは繊細な感覚を持っている場所なので、口腔内で入れ歯を装着した際に不快症状を感じることもあります。

まとめ

ここでは、入れ歯・義歯の種類やメリット・デメリットについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
こうしてみると、入れ歯にも色々な種類があり、それぞれに特徴がありますよね。入れ歯治療と言うのは、それぞれの種類や特徴を含め、信頼出来る歯科医院で相談して決めることが重要です。
これから入れ歯製作を検討されている方は、是非、お気軽に相談にいらして下さい。一緒に最適な入れ歯のご提案をさせて頂きます。