HOME | 入れ歯コラム | 入れ歯が不具合を起こす理由とは?不具合が生じている場合の適切な対処とは?

入れ歯が不具合を起こす理由とは?不具合が生じている場合の適切な対処とは?

体調不良の高齢者
パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

 
以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。
パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

以下の文章は一般的に言われている入れ歯の知識や情報をまとめました。

パリムデンタルクリニックでは全く異なった考え方で治療を行なっていますが、他の歯科医院とパリムデンタルの違いを知る上でも、知っておくとより理解しやすくなるかもしれません。

パリムデンタルクリニック 院長のイラスト

皆さんが使用している入れ歯は、何か問題は生じていませんか?入れ歯の不具合はそのままにしておくのが一番危険なので、改善していくことが大切です。では、どうして入れ歯が不具合を起こすのでしょうか?ここでは、入れ歯が不具合を起こす理由についてお伝えしてします。
 

 目次
1.入れ歯が不具合を起こす理由とは?
2.入れ歯の不具合を直す必要性とは?
3.入れ歯の不具合が体に及ぼす影響とは?
4.入れ歯のメンテナンスが必要な理由とは?
まとめ

1.入れ歯が不具合を起こす理由とは?

入れ歯生活を送る中で、「入れ歯を装着していると痛いな」「食べ物を上手く噛むことが出来ない」「装着した入れ歯が外れやすい」と言うように、何かしら入れ歯の不具合を感じている方もいるのではないでしょうか?
しかし、入れ歯はこう言うモノと思い込んで、その痛みを我慢してずっと使い続けている方もいますよね。

入れ歯と言うのは、長期的に使用していると徐々に合わなくなってくることがあり、口の状態が変化したことや、入れ歯の摩耗で噛み合わせバランスが悪くなったこと、これらが入れ歯の不具合の原因です。
このように、自分の口に合わない入れ歯を我慢手使用し続けていると、歯ぐきとの間に食べ物が挟まる、噛んだ際に痛みが生じる、顎の筋肉に余計な力がはいる、肩こりや頭痛になるなど、実に様々な悪影響を体に及ぼします。
入れ歯は一度製作してしまえば終わりでは無く、定期的に入れ歯の調整を行うことで、日常生活でも快適に使い続けることができているのです。

入れ歯製作当初は、自分の口にピッタリ合っていても、使用期間が長徐々に自分の口に合わなくなってくる、これは歯を支える骨が痩せていき平らになる為、入れ歯の接着面積が小さくなり、噛む力が歯ぐきや骨の変形に繫がってしまったことが、主な原因としてよく挙げられます。
このような入れ歯の悩みは、以上の事が原因になっている場合が多く、また、製作当初かた入れ歯の型取りや制作技術に問題があって合わないこともあります。
入れ歯だから違和感があったり、合わなかったりするのは仕方ない、そう思って我慢している方も中にはいますが、合わない入れ歯の装着は様々な問題を引き起こすのでよくありません。
日常生活において入れ歯でストレスを溜めない為にも、入れ歯の不具合で生じる問題を防ぐ為にも、何か不具合がある場合には早めに相談しましょう。

院長のイラスト

一般的には合わない入れ歯を、完成時はもちろん何回もの通院、調整で何とかお口に収める。という感じだと思います。
パリムでは、治療終了時にベストの状態を実現しますので、その状態を5年10年それ以上と維持するために、1年に1回の定期検査を行います。
いろいろな歯の治療全般にいえることですが、一般的に、「治った。」「治療が完了した。」というような状態にする事が必要で、 問題の原因を残したまま治療を終えると、治療に終わりがありません。
やはり問題の根本原因を見つけ、根本解決することが、結局のところ快適性を早く手に入れて、その状態を長く享受できることになるのですね。

2.入れ歯の不具合を直す必要性とは?

歯が無いままの状態で、入れ歯も付けずに過ごすことは、残っている天然歯の負担になります。そして、その負担が天然歯へのダメージとなってしまう為、残っている天然歯の寿命を短くし、徐々に自分の歯を失っていくことへ繋がります。また、残っている天然歯も徐々に動くので、噛み合わせも悪化します。
しかし、入れ歯を装着して噛むことで、残っている天然歯への負担軽減になり、結果、天然歯を長持ちさせることに繋がります。また、噛めないからと言って入歯を使用せず、栄養源になる食事を流動食やゼリーなどに頼っていると、病気になりやかったり、痴呆症になりやすくなったり、健康寿命も短くします。

さらに、使用中の入れ歯が合わない、直ぐ外れて落ちる、安定性が無いなど、入れ歯の悩みを抱えている場合は、なるべく早く歯科医に相談するのがお勧めです。入れ歯で痛い部分と言うのは、口腔粘膜が強く当たっているケースが多く、その場合は義歯調整したり、顎堤が直ぐ外れて落ちてくるのであれば、骨痩せの可能性があるので義歯安定剤を付けたり、粘膜面の裏打ちが必要になります。他にも、入れ歯が古く色々と問題がある際は、新たな入れ歯製作も必要です。

院長のイラスト

入れ歯安定剤を使えば何とか使えるから。というのは、非常に問題があります。
基本的に入れ歯安定剤は必要ありません。
一時的に入れ歯安定剤を用いて、緊急避難することも必要かもしれませんが、本来的にはきちんとした入れ歯を、早急に手に入れる必要がありますね。

3.入れ歯の不具合が体に及ぼす影響とは?

痛み、吐き気、顎骨の変形

入れ歯が合わない場合、外れやすく痛みや吐き気の庄條が現れます。
こうした合わない入れ歯の使用は、噛む際に力がかかる部位とそうで無い部位で大きな偏りがあり、顎骨変形で入れ歯が安定しない状態を繰り返します。なので、入れ歯安定剤などを使用する必要があったり、自己判断で入れ歯位置を決めてしまったり、適正位置から外れていることで骨負担がかかっている事が多いです。また、痛みをごまかして入れ歯を使い続けると、炎症が起こります。

院長のイラスト

意外と勘違いをしている方が多いのですが、入れ歯を小さくすれば快適になる。というイメージを持っていませんか?
正しい入れ歯の大きさよりもさらに大きな入れ歯は、もちろん不快です。外れたり、歯茎に傷がついたりしてしまいます。
しかし、そこからさらに小さくしすぎると、入れ歯の断面や隙間を舌で触ってしまったり、入れ歯が動きやすくなることで、不快症状が増すのです。

 

食事・会話の楽しみが減少

合わない入れ歯になると、歯としての機能発揮できないので、食事や会話の楽しみが減りますよね。また、合わない入れ歯はと言うのは、歯ぐきにダメージを与えるので、以前は歯ぐきで感じることが出来た味覚や食感が失なわれ、何を食べても味がよく分からないと言う事態が起こります。また、言葉の発音がしづらくなるので、会話の楽しみも減少します。入れ歯が大きいと場合には、舌を口腔内で思い通りに動かせず、発音にも支障が出ます。
 

噛み合わせの問題

噛み合わせは、一番入れ歯で発生する問題です。
噛み合わせが悪いと上手く噛むことが出来ないので、日頃から柔らかいモノばかり食べ、栄養バランスが崩れます。噛む行為と言うのは、単なる咀嚼機能では無く、頭部筋肉を活発にして、脳の血流促進、脳へ酸素と栄養を届ける、脳神経細胞の刺激など、することがわかっています。
入れ歯が合わないために噛む行為が減ると、脳神経細胞への刺激が減り、認知症になりやすくなります。実際、認知症進行の高齢者は噛むことが苦手です。
健康な高齢者の歯の平均残存数が約15本に対して、認知症の方の歯の平均残存数は約10本と研究結果の報告もあります。天然歯の本数が残っている場合には、記憶や学習能力を司る海馬、医師や歯垢機能を司る前頭葉容積にも違いが出てきます。

4.入れ歯のメンテナンスが必要な理由とは?

入れ歯の噛み合わせと言うのは、全身にも悪影響を及ぼします。入れ歯に隣接する歯や顎関節・骨、これらを傷付けます。
人間の持つ骨は全て連携しており一緒に動いているので、歯も骨の一部です。しかし、バランスの乱れが生じると骨格全体が乱れ、さらに筋肉や神経も骨と連動しているので、ますので、頭痛・偏頭痛・肩こり・生理痛・手足の痺れ・便秘など、様々な症状を引き起こす可能性もあります。合わない入れ歯の使用は、体の免疫力低下に繫がるので、感染症にもかかりやすくなるので注意しましょう。
日々、口腔内状態と言うのは変化しているので、少しの違和感や痛みが大きな症状として現れる前に、歯科医院で入れ歯の定期メンテナンスをすることが大事になります。

まとめ

ここでは、入れ歯が不具合を起こす理由についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
入れ歯の不具合は放置しておくと、様々な症状が引き起こり悪化を招きます。なので、入れ歯の不具合が見られた際には、我慢せずに歯科医院でしっかり見てもらうことが大切です。何か、不具合でお悩みの方は歯科診療をお勧めします。
健康な体を維持していく為にも、不具合はしっかり治していきましょう。