お問合せ・ご予約は0120-816-108 10:00〜18:30 受付

総義歯とは

HOME | 総義歯とは

「総入れ歯」のことを「総義歯」(そうぎし)とも言います。

 

総入れ歯という表現は患者さまがよく用い、総義歯は専門用語として私たち歯科医師や歯科技工士が用います。どちらも同じ入れ歯です。
 
義歯とは歯を失った部分を補うものです。
総義歯には「総」とあるので「歯が全部ない人の義歯」をイメージし、自分の歯が1本も無い状態の入れ歯を総義歯と思うかもしれません。
しかし、例えば上は自分の歯で下は総義歯、逆に上は総義歯で下は自分の歯、上は総義歯で下は部分入れ歯といった、上または下だけの場合もあります。
また、歯の根が残ったままの総義歯「残根上義歯」もあります。
 
総義歯は失った歯の形態や機能を補うためのものですが、歯だけではなく失った歯肉のボリュームも再現します。
口から外した総義歯はゴツく見えるかもしれません。しかし適切な設計を行った総義歯であれば、失った歯や歯肉のボリュームを補うだけなので、自分の歯があった時と比べてもボリューム的にはプラスマイナスゼロと考えて良く、装着しても大きく感じることはありません。

 
 

総義歯の構造について

 

歯肉の部分は一般的にピンク色の樹脂で作られ、「床(しょう)」あるいは「義歯床(ぎししょう)」と呼び、その床に歯の形を再現した人工歯(じんこうし)が付きます。現在、人工歯の材料は硬質レジンという樹脂製がほとんどです。
 
床に薄い金属を用いた総義歯などを金属床(きんぞくしょう)と呼び、保険適用外の総義歯として知られていますが、残念ながら床を金属で薄く作れば快適な総義歯になるわけではないので注意が必要です。
 
床の歯肉に当たる面をシリコーンにした総義歯もあります。
総義歯の痛みで困っている方には、柔らかそうで良い方法に思えるかもしれませんが、本来きちんと治療を行ってから総義歯を作れば痛みは出ないので、柔らかいシリコーンにする必要もありません。
総義歯の専門として言えば、総義歯で快適性を得るには噛んでも前後左右に歯軋りしてもピタリと動かない状態が必要なのに、シリコーンが介在することで総義歯が動いてしまい異物感や存在感が増しているのです。
 
また、総義歯をインプラントで固定する方法も良さそうに感じます。
この場合はまず、“インプラントが無くても外れない” “なんでも食べられる” 「快適な総義歯」を作ってから、鬼に金棒的にインプラントで固定するならわからないでもありません。(快適な総義歯ならわざわざインプラントの必要もなさそうですが…)
総入れ歯は外れて噛めないからインプラントで固定する。という考えでは、残念ながら快適に噛めるということは望めないでしょう。
 
 

パリムの総義歯の治療について

総義歯を作ってから人工歯や床の歯肉に当たる面を削る調整の通院を繰り返すのが一般的ですが、この方式ではほとんどの場合に快適な総義歯にはなりません。
パリムデンタルでは歯肉の引き締まり、上下の顎の位置(咬み合わせ)などを正常な状態に治療してからベストの総義歯を作製することが多く、この治療には院長 大前の「特許・治療用義歯」(総義歯)を用います。治療期間中の歯肉や顎の位置の変化はとても大きく、5分、10分で行う調整の繰り返しでは到底追いつかない変化量だからです。
 
パリムデンタルの治療は結果がわからない賭けのような総義歯治療ではありません。“科学的に確実に結果を手に入れる”という今までに無い総義歯治療システムです。この独自の治療システムの一部は、10件の特許としてその先進性、進歩性を特許庁に認められています。
 
歯科医師から「あなたのお口ではこれ以上の総義歯は無理」と言われたとしても、諦める必要はありません。あなたのお口が例外なのではありません。
「自分の歯のようだ」と言っていただける総義歯をコンスタントにお渡しできるパリムデンタルでは普通に確実に治療ができます。
パリムデンタルの咬み合わせの良い総義歯で「快適性」得て、総義歯を全く気にしない人生を手に入れていただければ幸いです。