入れ歯以外もお気軽にご相談ください
0120-816-108 (10:00〜18:30) 

インプラントか総入れ歯か

HOME | よくある質問 | インプラントか総入れ歯か

スペース

インプラントにするか迷っている方
インプラントがある方
に知って欲しいこと


インプラント?総入れ歯?

重要なのは「インプラントか総入れ⻭か」ではなく
「咬み合わせを治すか治さないか」

 

本当の意味での【咬み合わせ】を正しく知って、総入れ⻭でキチンとするのか、それともインプラントでするのかということなのです。

咬み合わせを正しく治療しなければ、インプラントをしても噛めません。咬み合わせの合っていないインプラントは非常に辛く、「何を食べても味気がなくて...」と患者様は仰います。
さらに、痛い・不快だからといって、インプラントを自分で取り外すことはできません。
 

⻭が無くなった原因は?

基本的にインプラントは⻭が無くなった部分に埋め込みます。
顎の骨に外科処置で穴を開けて、チタンなどのネジ状や棒状のものを埋め込む人工⻭根のことです。
 

インプラント?総入れ歯?
 

かかりつけ医やインプラントの先生に、⻭が無くなった原因を調べてもらったり、説明してもらったことはありますか?
 
虫⻭・⻭槽膿漏・破折などいろいろな説明があると思いますが、それらを引き起こす根本原 因は「咬み合わせの問題」です。
正確に言うと... 「咬み合わせ」に問題があることで発生した「破壊的咬合力」です。

 
歯の模型
 

「細菌」が問題というよりも、実は「力(ちから)」の問題なのです。
この「力」をコントロールすることが⻭科医師の大きな仕事とも言えます。
 

咬み合わせを治さなかったら...

もし、⻭を失った根本原因である咬み合わせを治さないままインプラントを行うと、インプラントが骨に強固に固定されるほど、咬み合う⻭やその他の自分の⻭が「破壊的咬合力」によりどんどん壊れて、⻭を失っていくことに拍車をかけてしまいます。
 
 

キチンと治すことを知る

インプラント治療を否定しているわけではありません。
院⻑ 大前はインプラント治療は行っていませんが、〈口腔内インプラント 1 年コース〉を修了しているインプラント医でもあります。
 
インプラントが悪いということでなく、“咬み合わせの重要性を知らない”インプラント医が多いのが実情です。
「破壊的咬合力が発生する問題のある咬み合わせ」を再現してしまうインプラント治療は、 大きな問題を引き起こしてしまいます。

 
インプラントのレントゲン
 

自分の体や健康を守るのは自分です。
まずは「どうすればキチンと治るのか」すなわち「咬み合わせ」を知ることが大切です。
パリムデンタルの初診で行うことは、患者様が「知ること」です。
お口の状態・問題の原因を知って、⻭科的知識を得て、どうすれば治るのかを知ってください。
CT 画像を一緒に見ながら、太い神経や血管までの距離を計測して、インプラントが安全に できるのかどうかや骨の密度なども観察して、インプラントの話をすることも可能です。

パリムデンタルの初診は治療が前提ではありません。

まずはお気軽に初診にお越しください。

【初診】

初診案内
 

パリムデンタルでの「総入れ歯治療」について知りたい方

 

相談初診】

初診案内
 

入れ歯・歯周病・咬み合わせ・虫歯など、お口に関するご相談をお受けいたします。