お問合せ・ご予約は0120-816-108 10:00〜18:30 受付

初診ご案内

HOME | 初診ご案内
患者様に説明を行う歯科医師
 
 

パリムの初診は治療前提ではありません。

医院選びや治療の選択で最も大切なのは、『判断に必要な歯科的知識を得る』ことです。


パリムデンタルの初診の目的は、〈患者様が総入れ歯の治療について正しく理解し、患者様自身が治療を選択できるようになる。〉というところにあります。
 
パリムデンタルで治療をする・しないは後回しで構いません。まずは、ベストの総⼊れ⻭治療について「知る」という状態になり、患者様がお⼝のことで悩む時間を少しでも減らすことができればと考えています。

 
  初診費用

費  用:55,000円
*クレジットカードでのお支払いも可能です。

所要時間:約3時間
※体力的に3時間が難しい方は、診査診断(1時間)と相談(1時間30分)を別の日で行なう事も可能です。

ご自宅で初診内容を動画で

飛行機、新幹線での来院を検討するなら

初診でお話ししている内容を動画にしました
今までは、時間と費用をかけてパリムデンタルにお越しいただかなければ、聞くことができなかった、多くの患者様に希望と勇気を与え、問題を根本解決する「大前式総入れ歯治療」について、院長の大前太美雄が、初診でお話ししている内容を、そのまま動画(80分)にしました。
まずは、無料のダイジェスト動画を視聴してください。

初診内容

 
カウンセリングルーム

1.カウンセリング


まず、お困りのことや希望、要望などを院⻑の⼤前 太美雄がお聞きします。
カウンセリングルームは個室ですので、周りを気にせず思いをお話しください。
また、初診を始めるにあたり、簡単な質問もお答えいたします。内容によりコンサルテーションの時にお答えする場合もあります。
【所要時間 15〜30 分】

 
診療ユニット

2.口腔内診査


⑴お⼝の状態を詳しく拝⾒します。
痛い検査などはありませんのでご安⼼ください。またグラグラして抜けそうな⻭には、できるだけ触れないようにしています。

⑵お⼝元と⼝腔内をデジタルカメラで撮影します。(お顔は原則撮影いたしません。)
あとのコンサルテーションで、撮影した写真と CT 画像を⼀緒に⾒ながら、お⼝の状態をご説明します。
既に⼊れ⻭をお持ちの⽅は、この⼝腔内診査の時に状態等を観察します。
【所要時間 15〜30 分】

 
歯科用CTスキャン

3.CT撮影


⻭科⽤ CT にて上下の顎の撮影を⾏います。
撮影時間は約 12 秒で体への負担も低く安全性の⾼い CT です。
撮影条件により 0.09〜0.5mm の精度で撮影、約 2 分で画像構築が完了します。
撮影した結果は次のコンサルテーションで⽴体画像や任意の断層画像をご覧いただき、詳しくお⼝の現状をご説明します。
【所要時間 5 分】

 
コンサル室

4.コンサルテーション


検査資料・⼝腔内画像・CT 画像を⼀緒に⾒ながら、ご⾃⾝のお⼝の状態や問題点をしっかりと理解しまし ょう。そして、どうすれば正しく治るのかをお話させていただきます。
もちろん、⼤切な「咬み合わせ」について、ベストの総⼊れ⻭治療や当院の治療に関するお話もいたします。遠慮なくご質問もなさってください。
【所要時間約 90 分】

 初診日のご案内

※事前にご予約が必要です。
ご予約は流動的です。
初診申込み順での予約日時の相談となります。

ご質問等がございましたら、受付担当までご連絡くださいませ。
0120-816-108(受付時間10:00〜18:30)

パリムのLINEに登録を

ご登録いただきますと、初診可能日をいち早くお知らせします!


また、Zoomというソフトを使って、スマホやPCがあればどこででも、Webで大前院長と相談できる日時もお知らせします。
そして、治療に関して、他の歯科医院とどう違うのか?どうすればきちんと治るのか?という、ホームページではアップしにくい情報も随時お届けします。


クリックしてください↑
 
 
LINE登録QRコード

登録QRコード

初診を希望される方


お申し込み方法について


Web・FAXそして郵送でお申し込みが出来ます

 

FAXまたは郵送でのお申し込み

まずはPDFをダウンロードしてください
初診申込書


【FAXの場合】
記入後、下記の番号にFAXしてください
FAX:06-7635-7645


【郵送の場合】
記入後、下記の住所までお送りください
〒560-0021           
大阪府豊中市本町2-4-2 大前ビル3F
パリムデンタルクリニック 受付担当行

※封筒に「初診申込書在中」とご記入ください

 
アロー


お申し込み後の流れ

院長が内容を確認後
受付担当が日時相談のお電話をいたします。

アロー
   
予約日時にお越しください。
 
 
患者様に説明を行う歯科医師
 
 

パリムデンタルの考える初診


一般的な 保険診療を行っている歯科医院では、初診というと何らかの治療行為がその日から行われる事が多いと思います。
保険診療は緊急処置をメインに考えられていますから、歯に強い痛みがある時などは、仕事や生活に支障をきたしている激しい症状を、早急に取り除く事もその役割でしょう。
 
パリムデンタルでは、 「今日明日にでも早急に総入れ歯を作って欲しい」 という緊急対応の患者様を除き、治療を前提としない初診を行います。
治療を前提としないというのは、パリムデンタルで「治療を行うか行わないか」という事は、初診後にお決めいただければ良いということです。
 
インフォームド・コンセント(説明と同意)が、医療には必要と言われて久しいですが、何十年も同じ歯医者にかかっていて、その結果全ての歯を失ってしまい、パリムデンタルに頼ってこられる患者様をみるにつけ、インフォームド・コンセント(説明と同意)が説明して同意を得たという形にだけになっているのでは無いのか?と思わざる得ません。
では、形式だけのインフォームド・コンセントとならず、患者様の為のインフォームド・コンセントとするにはどうすればいいのか。
 
パリムデンタルでは、総入れ歯治療の成功の為には、治療に対する患者様の理解と協力が必要と考えています。
そして「理解」するためには、患者様が「何も知らない」では理解どころか相談もままなりません。
治療を理解する為に、最小限の歯科的な知識を得ること、そしてご自身のお口の状態を正確に把握することが必要です。
 
私は、一般的な歯科医院でよく行われている、初診時に歯科治療を行う診療椅子の上で、処置の準備をしながら治療の説明をして、治療を希望するか否かを決めさせる。という流れは、インフォームド・コンセントではない。と考えています。
そんな状態の患者様には、治療を行うかどうかの選択権が、事実上ほとんど無く、「お願いします」としか言えない状況だからです。
インフォームド・コンセントは歯科医師からの一方通行では無く、双方向でないと、患者様が望むの医療、患者様の為のインフォームド・コンセントとなり得ない。そう思います。
 
それと、総入れ歯専門となって20年ですが、今まで全国からお越しの2千人以上の方に対し、毎回3時間を費やす初診を行っていて思うのは、「どうすればキチンと治るのか」という事を、今までかかっていた歯科医師から1度も聞いた事が無い。とおっしゃる方ばかりで驚きます。
 
「どうすればキチンと治るのか」をお話することは、私は歯科医師としての使命と思っています。「どうすればキチンと治るのか」について、初診にて、しっかりお話しますが、この情報提供の中で最も大切なのが「咬み合わせ」についての話しです。
・本当の意味での「咬み合わせ」とは
・「咬み合わせ」すなわち下顎のズレをどう治していくのか
 
続いて、お口の状態から理想的、快適な「咬み合わせ」の総入れ歯を実現するにはどうすればいいのか、治療の流れや進め方などの具体的な事も、CTスキャンの3D画像などお口の正確な状況を元に、模型等も用いてわかりやすくお話します。

 
 

パリムで行う初診の価値について


「総入れ歯になって40年、本当に苦しい。困っている」そうおっしゃっていた方が、パリムデンタルでの総入れ歯治療の結果、短期間で快適な状態となり「先生の入れ歯は命よりも大事」とおっしゃってくださいます。
この患者様を例にお話しますと、何軒もの歯科医院にかかり、何回も上下総入れ歯を作ってもらっても上手くいかなかったそうですが、数え切れないほど歯科医院に通っていて、歯科医師から「どうすればキチンと治るのか」という話しを、1度も聞いたことが無いのです。
 
今回、あなたがパリムデンタルの初診をうけられると、「どうすればキチンと治るのか」を知ることができます。その結果、今回はパリムデンタルで「治療を行う。」あるいは「行わない。」を選択する段階に一歩進むことができます。
 
そう、「どうすればキチンと治るのか」を知って、今回は治療を行わない。というのは自由です。しかし、この患者様のように、知る機会が無く、40年もの間「キチンと治したい」と思っても、そのような治療を受けることが出来無くて苦しむ。というのは不幸だと私は思います。
 
なので、パリムデンタルでは「まずは初診にお越しになってください」と案内しています。これは、「どうすればキチンと治るのか」を知ってください。という意味でのご案内です。

 
 

初診当日の概要


初診にお越しになりましたら、まず個室のカウンセリングルームにて、お困りの点を院長の大前太美雄に直接お話ください。院長大前はアドラー心理学のカウンセラーです。あなたを責めるようなことはありませんので、なんでも話してください。
 
その後、初診診察室にてお口の正確な状況把握のため、口腔内診査を行い、最後に歯科用CTスキャンを撮影します。
 
これら全て資料をご覧いただけるよう整理でき次第、コンサルルーム(個室相談室)に移動して、院長の大前太美雄がお口の状況をそのままお伝えします。CTスキャンの画像などを見ていただきながら、診断基準からお話しますので、一緒に診断しましょう。
一緒に客観的に診断することがとても大切で、ご納得がいくまでお口の現状を確認しましょう。
お口の客観的な状態ですが、ご自分で自覚しているのと随分隔たりがある場合がよくあります。
かなり悪化してしまい目を背けたくなるお口の状態であっても、お口の現状を正確に把握し、そのまま受け止めることが、健康そして快適なお口の状態になる第一歩です。
 
その後、咬み合わせを含めた「どうすればキチンと治るのか」ということを、わかりやすくお話します。
そして、ベストの総入れ歯治療の大前式総入れ歯治療システムについてお話します。
治療は、ベスト以外も相談のうえ可能ですので、ベストの総入れ歯治療をしっかり理解した後、時間の許す限り質問、相談を承ります。

 
 

治療を希望する場合について


初診当日、パリムデンタルで治療を行うかどうか決める必要はありません。
治療を希望される場合、後日受付担当までお電話ください。
治療開始日などのスケジュールを相談のうえ調整していきます。