お問合せ・ご予約は0120-816-108 10:00〜18:30 受付

クリスタルデンチャー

HOME | クリスタルデンチャー

透明な総入れ歯のクリスタルデンチャー

総入れ歯専門のパリムデンタルでは、デジタル義歯の技術を用いた、透明な総入れ歯・クリスタルデンチャーの提供を開始します。
 
一般的には、入れ歯や総入れ歯の人工歯以外は、歯肉色(ピンク色)の樹脂を用います。パリムデンタルクリニックでは、従来よりこの歯肉色の部分に透明樹脂を用いた総入れ歯を作成していましたが、今回、デジタルデンチャーの技術を応用し、高い透明度と精度が向上したクリスタルデンチャーを開発しました。

クリスタルデンチャー・デジタル新製

治療1日目

まずは、歯肉の型取りを行います。
 

印象(型取り)の様子

咬み合わせの記録を行い、歯科技工士と見栄えの相談をします人工歯の色や大きさ、形などを見本から選んでいただき、歯並びについての希望をお聞きします。
 
1日目の治療は終了です。


模型をスキャニング

 
次の治療日までの技工作業

歯肉に模型をスキャニングして、データ化。咬み合わせの記録もスキャンして、上下の模型の歯肉の位置関係をマッチングします。

総入れ歯の設計

歯科用のCAD/CAMソフトで、患者様の希望を十分盛り込んだ、総入れ歯の設計を行います。

3Dプリンターで総入れ歯の造形

歯科用3Dプリンターで、設計データー通りの見栄え確認用の総入れ歯のトライアルデンチャーを造形します。


治療2日目

3Dプリンターで作成したトライアルデンチャーを装着してもらい、見栄えの確認をします。
大きな変更でなければ、追加で見栄えの要望をお聞きできます。
 
2日目の治療は終了です。

 

追加設計

 
次の治療日までの技工作業

パソコン上で設計を修正して、PM7(ミリングマシン)で正確に削るための追加設計を行い、データをPM7に送るためデータ変換します。

ミリングマシン削り出し

クリスタルデンチャーの人工歯の部分は、希望された色の白色の樹脂ディスクから、それ以外は透明な樹脂ディスクから総入れ歯の設計データ通りに削り出します。

クリスタルデンチャー

クリスタルデンチャー完成です。


治療3日目

クリスタルデンチャーを装着してください。
特に入れ歯の裏面を削ることなく、フィットします。
咬み合わせると、ほとんど奥歯できちんと咬めることを確認して、クリスタルデンチャー新製は完了です。。

 

クリスタルデンチャー治療費 110万円

  • 上下のクリスタルデンチャー(精密ミリングの総入れ歯)
  • 見栄え確認用のトライアルデンチャー(3Dプリンターの総入れ歯)を含み、通院回数目安は約3回(総予約時間は約10時間)です。

お持ちの総入れ歯からクリスタルデンチャー作成

現在、総入れ歯をお持ちの方は、簡単にクリスタルデンチャーを提供できます
お持ちの総入れ歯を、デジタル義歯の技術で複製を作成する際にピンク色の部分を透明樹脂で作成しクリスタルデンチャーを作成します。

現在お使いの総入れ歯が、調子の良く、気に入っている総入れ歯でも、その総入れ歯はスキャンをするだけで、全く加工をしません。そして、新しい総入れ歯としてクリスタルデンチャーをお渡しします。
全く同じ寸法のピンク色の部分が透明なスペアー義歯が完成すると思ってください。

クリスタルデンチャー・デジタル複製

治療1日目

お持ちの総入れ歯を預かり、3Dスキャンを行なって3Dデータを作成します。
 
1日目の治療はこれで終了です。


模型をスキャニング

 
次の治療日までの技工作業

総入れ歯のスキャンデータを、CAD/CAMソフトで白い歯の部分とそれ以外の部分に分離します。
白い歯の部分は白い樹脂ディスクから精密に削り出し、それ以外の部分は透明な樹脂ブロックから精密に削り出し、クリスタルデンチャーを完成させます。

治療2日目

お持ちの総入れ歯を複製したクリスタルデンチャーを装着してください。
歯肉の当たり具合も、咬んだ感じも全くといってよいほど同じクリスタルデンチャーが完成です。

コピー・クリスタルデンチャー作成費 33万円(1床)

  • お持ちの総入れ歯と同じ寸法制度で、デジタルコピーデンチャー(複製義歯)を作成する際、クリスタルデンチャー化して作成します(精密ミリングの総入れ歯)
HOME | クリスタルデンチャー