HOME | よくある質問 | バレない入れ歯を作るには

見栄えのいい入れ歯は
逆算して作る

周りにバレずに総入れ歯
 
 
総入れ歯になったとき、総入れ歯だということを周囲の人に絶対にバレたくない。
また、パートナーに総入れ歯になることや総入れ歯であることを知られたくない。という心理・・・大変よく分かります。

一目で入れ歯だとわかるような総入れ歯は、女性でも男性でも誰でも嫌なものですよね。

しかし、総入れ歯だからと諦めないでください。
パリムでは入れ歯とわからないような総入れ歯を作成し、多くの方から喜ばれています。
 
 
 

担当の歯科技工士が患者様のお顔を直接拝見し、自然な仕上がりになるように逆算しながら作成します。

患者様のお口を観察する歯科技工士と歯科医師
 
 パリムデンタルクリニックでは、一般的な歯科医院での入れ歯の作り方とは違い、入れ歯は逆算して作ります。
 
例えば、一般的な歯科医院で作ってもらった入れ歯をお口にはめると、顔が面長になってしまったり、口元が変わってしまい、酷いときにはゴリラの様な口元になってしまう・・・ということがよくあります。
 
しかし、パリムではそういったことは、まずありえません。

なぜなら、面長にならないように、お顔のバランスから逆算して入れ歯の咬み合う高さを決めるからです。
 
そして、最も自然なお口元やお顔の状態になるように、前歯の位置やその他の入れ歯の部分の厚みや大きさを逆算して決めるのです。  
 
そういった逆算方式で見栄えの良い入れ歯を作っていく為には、総入れ歯の製作を担当する歯科技工士が、実際にその目で患者様のお顔やお口元、口腔内を歯科医師と一緒に確認し、逆算して決めていくというプロセスがとても重要なのです。

 
口元

 
時々、患者様に「先生、ミリ単位の細かい仕事で大変ですね!」と言われる時があるのですが、「いやいやミリ単位なんてとんでもない。ミクロン単位ですよ」とお話しますが、それは前歯など、0.1mmどころかその半分の50ミクロンほど位置や傾きを変えるだけで、お口元の印象はガラッと変化します。

 
こういった事から、総入れ歯専門クリニックでは専属の総入れ歯専門の歯科技工士が必ず必要です。
自分が使うことになる総入れ歯の作り手の顔が見える。そして、作り手が患者様とお会いしながら総入れ歯を製作していくからこそ、自然な見栄えで入れ歯と分からないような総入れ歯を完成させることが可能となるのです。
 
 
 
若い人も多い
  
総入れ歯治療専門のパリムデンタルクリニックには、高齢の患者様が多いのでは?と思われているかもしれません。
しかし、総入れ歯は20代の患者様から30代、40代の女性の患者様が多いのもパリムの特徴の一つです。 
 
パートナー


総入歯になる事は仕方が無いと覚悟をしたけれど、女性として周囲の人から「総入れ歯をしている人」と絶対に思われたくない。

オシャレや恋愛、結婚と普通に過ごしたいけれど、一般的な歯科医院での総入れ歯を入れて、普通が普通に出来なくなる事が耐えられない。

パリムには、このような切実な問題を抱えた患者様がたくさんお越しになります。
 
しかし、パリムで治療を受けた何人もの女性の患者様から「先生、総入れ歯って美容整形よりもすごいですね!」と喜んでいただけている。
それは、一人一人のお顔の形や縦横の比率、お肌の色、お口の開け方や歯の見え具合、そしてご自分の歯があった時の再現したい歯並びの特徴なども考慮して特注で作成するのですから、当然のことかもしれません。

笑顔


 
 
男性の場合も、お顔にマッチした歯並びにするのは当然なのですが、私の場合は職業を考慮することも多いです。

知的な感じが良いのか、力強い感じが良いのか、少し歯並びが悪い感じが合うのか、清潔感なのか・・・と。

また、夏に日焼けをする職業あるいは趣味を持っているかなども考慮します。

もちろん日焼けした肌と白い歯のコントラストを好む方であれば、白めの歯を選ぶのですが、そうでない場合はワントーン濃いめの歯の色をお勧めしたりします。

実は、こういった事は改めて患者様に質問するのでは無く、初診にお越しになった時の会話であったり、治療の合間の雑談でそういったことのイメージをつかむことが多いですね。

ビジネスマン
 
 
 

実際にあったエピソード

 
「知り合いの方から『あなた歯が良くて良いわね』と言われるんです。総入れ歯って全然わかってないですね!」
 
「介護をしている高齢の方から『あなたは分からないと思うけど、総入れ歯で何も食べられなくて・・・あなたには分からないだろうけど!』と愚痴られました。心の中で、いや私も総入れ歯ですけど。そして何でも食べていますけど・・と声に出しては言えなかったんですけれどね」
 
これらは全て、パリムで治療を行なった患者様から実際にお聞きしたお話なんですが、総入れ歯を使っている方が見ても分からないものなのだと改めて実感したエピソードです。
 
また、主人には絶対に総入れ歯になったことを知られたくないという患者様が、
「主人に『歯を治したの?』と聞かれたので、『そうブリッジで』と答えたら、『良かったね』と、それだけでした。」とニッコリ
 
夫からすれば、固定式のセラミックのブリッジしたんだな・・・位に思われたようで、総入れ歯であることは全くバレていなかったのです。
 
 
総入れ歯はバレやすい。ではなく、 総入れ歯だからできる自然な見栄えがあるということを、是非知っていただけますと幸いです。