入れ歯以外もお気軽にご相談ください
0120-816-108 (10:00〜18:30) 

入れ歯安定剤は不要

HOME | よくある質問 | 入れ歯安定剤は不要

スペース

総入れ歯に入れ歯安定剤は不要です


パリムデンタルでの総入れ歯治療は、「入れ歯安定剤を使用しなくても使える」ということを目標にしているのではありません。
 
総入れ歯に入れ歯安定剤を使わずに美味しい食事を摂る
総入れ歯を機能させるための原則〉を守って作られた最善の総入れ歯は、ポリグリップやタフデントのような入れ歯安定剤は必要ないのです。

入れ歯安定剤を使わずとも歯肉にピッタリとひっつき、噛むことができるのは当然として、入れ歯安定剤を使用せずに機能する総入れ歯を使っていると、 頻繁に総入れ歯を作り替える必要が無くなります。
 
パリムでの最善の総入れ歯は、長期的にお口の健康を守り、総入れ歯を長く快適にお使いいただく事に価値があると考えています。
 
 
 

合わない総入れ歯を安定剤を使いながら長期的に使用する問題


入れ歯安定剤
入れ歯安定剤の商品名をあげると、皆さんご存じの「ポリグリップ」や「タフデント」など、粉のタイプ・クリームタイプ・シールタイプと実に様々な商品が販売されています。
 
また、テレビCMでもよく宣伝しているので、「総入れ歯は入れ歯安定剤を塗りつけて使うもの」と思っている方が多いというのも仕方がないかもしれません。
 
確かに入れ歯安定剤の性能は高く、相当ガタついている総入れ歯であったり、咬み合わせが悪い入総れ歯であっても、入れ歯安定剤を入れ歯に塗りつけてお口に装着すると外れずに食事が出来たりします。
 
『食事が出来るんだったらそれでいいではないか・・・』と思われる方も多いかもしれません。また、それで良しとしている歯科医師も多いと思います。
 
〈食べられる〉〈食べられない〉という価値基準だけなら入れ歯安定剤を使えばいいのですが、長期的に見ると大変な問題が起きてきます。

 

その大変な問題について説明します

 
お口の問題
まず一般的に、ほとんどの総入れ歯は噛んだ時に上下の前歯が強く当たるという致命的な失敗をしています。(詳しい説明は長くなるので、ここでは省きます。)
その結果、入れ歯が〈痛い〉〈外れる〉〈歯肉と入れ歯の間にものが詰まる〉などの不快症状が出てしまいます。
 
この状態の総入れ歯で食事をしないといけないので、入れ歯安定剤の出番となる訳ですが、入れ歯安定剤を用いて食事が出来たとしても、上下の前歯が強く当たるという状況は変わっていません。
 

総入れ歯の上下の前歯が強く当たっていると、当然その直下の歯肉に強い力が加わります。
そして、その力は骨にも加わって、総入れ歯を支える大事な骨を吸収させ減っていきます。
 
歯肉の中の骨が無くなると、歯肉だけが残ったフラビーガムというコンニャクのような歯肉になってしまうのです。
このコンニャクのようになった歯肉を私はよく見るのですが、一般的には非常に総入れ歯が作りにくい、いうなれば難症例となってしまいます。

 
 

なぜ総入れ歯が作りにくくなってしまうのか?

 
歯科医院にて入れ歯を作ったことがある方はご存じかと思いますが、総入れ歯を作るには歯肉の型取りを行わなければいけません。

型どり
総入れ歯を作成していく手順ですが、最初に歯肉の型取りを行なってから、歯肉の模型を作り、その模型に合わせて総入れ歯を作っていきます。

この最初に行う歯肉の型取りの際に、コンニャクのようになってしまった歯肉は、ぐにゃりと歪んで変形してしまい、その変形した歯肉の型のまま模型が出来てしまいます。
 
ぐにゃりと歪んだ歯肉の模型を元に入れ歯を作っても、お口の中で合うはずが無いですよね・・・。
そして、その変形した模型に精密な総入れ歯を作るとして、一般的な入れ歯専門歯科で精密義歯や精密入れ歯だといわれても、合わないものは合わないです。
 
そして、その合わない総入れ歯を入れ歯安定剤を塗りつけて使っていると、噛む力が集中する部分の歯肉の中の骨が吸収して無くなっていき、大事な骨、一般的な言葉で言うと、歯茎の土手が無くなって超難症例になってしまう・・・という負のスパイラルに陥ってしまいます。
 
もちろん総入れ歯専門のパリムデンタルなら、そんなグニャグニャの歯肉の方でも問題なくフィットした総入れ歯ができますので、安心してください。
 
 

朝起きたらすぐに入れ歯安定剤をつけ、そのまま一日過ごす。という方は要注意です!


入れ歯安定剤を使っていなくても、1年や2年ごとに総入れ歯を作り替えている方も注意してください。
 
総入れ歯
どんどん骨が吸収して無くなってきているから、総入れ歯を作り替えることになっているのかもしれません。
 
パリムで提供しいている最善の総入れ歯のパリムデンチャー(快適超精密義歯)は、数年ごとに作り替えるということなど通常ありません。

それは、入れ歯安定剤を用いなくても機能する総入れ歯で、総入れ歯がキチンと機能するための3つの条件を満たしている総入れ歯だから骨が減らないのです。

パリムデンチャー(快適超精密義歯)を作成して10年以上総入れ歯を作り替えていないという方も数多くいらっしゃいます。
 
入れ歯安定剤を使わないでも機能する総入れ歯、そして、入れ歯の裏面の全面で噛む力を分散し、適切な力を骨に与える総入れ歯(骨に全く力を加えていない部分の骨も吸収する)であるということが、総入れ歯を支える骨を守り、その結果、総入れ歯を快適に長く使えるということにも繋がるのです。
 
パリムの初診の際に、歴代の保険外の総入れ歯をジャラジャラお持ちになる方がいらっしゃいます。

それらは、結局使えなくなって作り替えた入れ歯ですから、費用的にも相当ロスがあります。そして、それよりも、そういった合わない総入れ歯を入れ歯安定剤を用いて使い続けた事により、総入れ歯を支える骨の極度の吸収が、私から見ると取り返しのつかない大きな損失に思います。
 
その骨は元通りにはなりません。
失ってしまった大切な骨は、二度と戻ってこないのです。
 

まるで自分の歯のように

 
笑顔の老夫婦
パリムデンタルで総入れ歯治療を行った患者様が、治療が完了して数年経ったときに、よくこのような事をおっしゃいます。
 
「先生、パリムデンタルで治して本当に良かった。治療してから特に困ったことも無く、快適に生活できている。本当に感謝しています」と。
 
治療完了後、数年・5年・10年経って患者様から感謝のお言葉をいただいた時が、「本当のパリムデンタルの総入れ歯治療の価値を体感してくださったんだ」と、感慨深い瞬間です。
 
そして、話しは戻りますが、入れ歯安定剤など使わない方が、楽だし絶対に気持ちいいですよ。