大阪・伊丹空港近くの入れ歯専門歯科医院。短期完成の入れ歯から難症例の入れ歯の方。

 大阪・伊丹空港近くの入れ歯専門歯科医院。短期完成の入れ歯から難症例の入れ歯の方。

 
  ご予約・お問い合わせはこちら
フリーダイアル
0120-816-108
(受付時間 10:00-18:30)
 
ご予約・お問い合わせは
フリーダイアル
0120-816-108
(受付時間 10:00-18:30)
HOME | 手術前後の口腔ケア
※現在、サービス開始に向けて準備を進めています※

周術期(手術前後)の口腔ケアとは

ガンや全身麻酔の手術などの大きな治療を受ける方は、担当医師から治療開始前に、お口の中の細菌を減らし衛生環境を整えるために、残っている歯を抜くように指示される場合があります。


全身麻酔の手術後は抵抗力が落ちやすく、ガン治療中は免疫力が低下するなど、健康時にはかかりにくい細菌感染などを引き起こします。

健康な体であっても、歯周病菌は全身のさまざまな臓器に悪影響を及ぼします。
手術前から口腔ケアを行ない、手術時に“健康なお口”の状態を整えておく必要があります。
 
 
抜歯が必要な理由について


○事故の予防 

  • 全身麻酔下での手術では、口から気管チューブを挿入(気管内挿管)します。
    その際にチューブが口腔内細菌を肺に押し込み、肺炎を起こす場合があります。
  • 歯槽膿漏でグラグラになった歯や差し歯が残っていると、気管チューブが当たり、歯が抜けて気管に入る危険があります。
  • 尖った歯が残っていると、チューブを傷つけて事故につながる可能性があります。

 
○感染症の予防

  • 歯周病による歯茎の腫れや、虫歯で根元がむき出しになっていると、ブラッシング時の傷口から細菌が入ります。
    その細菌が血液中に侵入する菌血症により、手術の結果に影響を及ぼす症状を引き起こす可能性があります。

 
○経口摂取の早期回復 

  • 手術後、早期に口からの食事を回復できるよう、義歯の事前準備や調整が必要です。

 
○副作用の減少

  • 全身麻酔下での手術後の合併症の発生を予防することができます。
  • ガン治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療)による合併症の発生を抑制し、円滑に治療を行うことができます。
  • ガン治療による骨髄移植の副作用である強い口内炎などを軽減させることができます。

入れ歯専門のパリムデンタルクリニックでは、手術を担当する医師、あるいは抜歯を担当する歯科医師からの紹介患者様には、初診にお越しになったその日に「上下総入れ歯」を作製してお渡しすることができます。

 
パリムデンタル独自の短期作製システムをフルに活かし、

 
  • 何回も通院する時間がない、体力がない方
  • 早く総入れ歯を手に入れたい方
  • 少しでも食事ができるようにしたい方

 
そのようなご希望をお持ちの方々へ、少しでもお力になれるようなサービスを提供していきたいと考えています。

※お口の状態により、ご希望に添えない場合もあります。

対象となる患者様

 
『全身麻酔やガン治療のために、歯を抜いて総入れ歯を予定している方』

  • 手術日は少し先で、抜歯もこれから・・・
    全部歯を抜くように言われているが、どうすればいいかわからない
  • 手術日が直近で、とりあえず歯は抜いた・・・
    手術後に総入れ歯の完成が間に合わない

  


 

『人工関節置換術を受ける前に、歯を抜いて総入れ歯を予定している方』

 

抜歯が必要な理由について
歯周病による歯茎の腫れや、虫歯で根元がむき出しになっていると、ブラッシング時の傷口から細菌が入ります。
その細菌が血液中に侵入する菌血症により、人工関節の周りに菌が留まり炎症を起こします。 
感染は手術中・手術後ともに起こる可能性があります。
健康な体であっても、歯周病菌は全身のさまざまな臓器に悪影響を及ぼします。
手術前から口腔ケアを行ない、手術時に“健康なお口”の状態を整えておく必要があります。

スペース

◆条件

  1. 手術の担当医師、または担当の歯科医師から「総入れ歯を作成する必要がある」との紹介状があること。
  2. パリムデンタルの初診までに、残っている歯が全部抜き終わっていること。

 

★パリムデンタルの初診予約時に、「周術期(しゅうじゅつき)義歯を希望」と必ずお知らせください。

スペース