HOME | インプラントか総入れ歯か

インプラントか総入れ歯か

インプラントを考えている方は、読んでおいてください

重要なのは「インプラントかどうか」ではなく「咬み合わせ」を治すかどうかです

パリム デンタルクリニックには、歯や口のことで深刻に悩む患者さまが多くこられます。その中にはインプラントにした方が良いのか? それとも入れ歯にした方が良いのか?
本当に真剣に悩まれている方が多いのですが、
重要なのは「インプラントか入れ歯か?」ではなく、咬み合わせを、入れ歯できちんとするのか それともインプラントでするのかということをきちんと知っておくべきなのです

咬み合わせをきちんと治療しなければ、インプラントをしても噛めないですし、それどころか、咬み合わせの合っていないインプラントは非常に辛いと、苦しい経験をされた患者様はおっしゃいます
それはそれは辛いでしょう。
痛いからとか、不快だからといって、インプラントは自分で取り外すことは出来ないのですから
インプラント?総入れ歯?
インプラントというのは、歯がなくなった顎の骨に外科処置で穴を開けて、チタンなどのネジ状や棒状のものを埋め込む人工歯根のことです
基本的にインプラントは 歯が無くなった部分に埋め込むのですが、歯が無くなった原因は調べていただきましたか?
歯が無くなった原因は虫歯、歯槽膿漏、破折といろいろな説明があるでしょう。しかし、それらの病気を引き起こしている
根本的な原因は・・・「咬み合わせ」なのです。
歯の模型
より正確にいいますと、

「咬み合わせ」に問題があることを原因とした破壊的咬合力です

細菌の問題というよりも、「力(ちから)」の問題です
ちなみに、この「力」をコントロールすることが歯科医師の大きな仕事とも言えます
話を戻しますが、歯を失った原因である咬み合わせの問題を解決せずにインプラントを行なうと悲惨です
インプラントが成功して、骨に強固に固定される程、他の自分の歯がどんどんと壊れ、歯を失っていく事に拍車をかけます
私、大前太美雄はインプラントは行なっておりませんが、過去にインプラント100時間セミナー(1年コース)を受講したインプラント医でもあります
インプラント自体が悪い方法ではありませんが、悪い咬み合わせを再現するようなインプラント治療は、大きな問題を引き起こします

しかし、インプラントを行なう歯科医自身が「咬み合わせの重要性」を知らない事が多いのが現状です
そのため、一般の方には判断が難しいでしょうけれども、ご自分の体は自分で守るしかない
自分の身を守るという意味からも、「インプラントさえすれば咬める」などどいう妄想はいだかない様にしましょう

まずはインプラントがいいか、それとも入れ歯にするのかお考えでしたら、まずは「きちんと治るにはどうすればいいのか?」それを知る事から始めましょう
まずは、インプラント治療を行うかどうかを決める前に、パリムの初診にお越しください