HOME | 28時間で総入れ歯を完成させるコース

28時間で総入れ歯を完成させるコース

特許・治療用義歯作成のノウハウを用い連続2日で総入れ歯を作成・お渡しするコース

 
 

一般の歯科との比較
一般的な歯科医院では、28時間で総入れ歯を作る のは非常に難しいです
そのため総入れ歯を作る場合、特に初めての総入れ歯を作る際に多くの方は、歯がない状態のまま長期間不便な生活を強いられます

パリムでは、特許・治療用義歯を2
8時間で作成していますが、そのノウハウを用いて、28時間・連続2日で総入れ歯を作成し、お渡しをするまでのコースです

治療用義歯とは仕様が事なりますが、総入れ歯を作成してお渡しの時、入れ歯の裏面を調整することなく、歯の部分も削って調整することもまず無い。そして見栄えもより自然という特徴は、治療用義歯相当です


 

一般的にお口に歯が残っている場合で、それらの歯を抜歯して初めての総入れ歯を作成する場合、抜歯だけでも長い期間かかったりしますので、抜歯の期間+総入れ歯を作る期間は、歯が無いままになる事を覚悟しなくてはなりません

パリムでは、無痛抜歯と総義歯作成を計画的に行う
ことで、歯が無い期間を最小限にでき、当クリニックで は抜歯から入れ歯のお渡しまでの期間を最短で連 続3日で行っています

 

 
 
一般的な歯科医院
ここで一般的な総入れ歯作成の流れを知っておきましょう
歯が全く無い状態から総入れ歯が出来上がるまでは、通院回数4回の通院期間としては1ヵ月半前後かかります
そしてその期間は歯が全くないままです

どうしてそのような通院回数や通院期間がかかるかと言うと、総入れ歯を作る設備が無かったり、専門の歯科技工士が歯科医院にいないことにより、一般的には総入れ歯は、歯科技工所という外部にて作成してもらいます

右の図にあるように、クリニックと歯科技工所の間を歯科技工所の営業担当者が集荷し、歯科技工所にて技工作業を行い、そしてまた営業担当者が納品に来る
そして次の治療ステップに進む
というのを少なくとも3回は繰り返し、総入れ歯は完成します

歯科技工所は何十何百という多くの歯科医院から模型を集めて、入れ歯やかぶせものなどを作っています
そうすることで、確かにモノを作る上での効率は良く、技工費も安くできます

ただ、その効率やコストのため、結局患者様の生活に不便を強いるのであれば、医療として考えれば、本末転倒ではないかと思います

ましてや歯並びなどは、お顔の大きさ。輪郭、唇の動き表情など、それこそミクロン単位で位置を決めていかないといけないことを実感している私にとって、作り手である歯科技工士が、1度もその患者様に会わずに作っても、とてもじゃないですけれど、調和が取れるはずがないと思っています

治療費について

上下の特許・治療用義歯を連続2日で作成するノウハウを用い、28時間で上下の総入れ歯を作成しお渡しします

  • ほとんどの場合、無調整でお口に装着出来、見栄えもできる限り希望をお聞きします
  • 特許・義歯作成時の咬合調整器具を用います
  • 義歯完成後の調整、技工作業等を希望される場合は、承ることは可能ですが、この治療費には含まれません
  • 特許・治療用義歯ではありませんし、また最善の総入れ歯・快適超精密義歯でもありません

 

治療費の説明動画です。本ページ記載の28時間で完成の入れ歯の費用と、快適超精密義歯を作成していくプランの費用を公開しています。