大阪・伊丹空港近くの入れ歯専門歯科医院。短期完成の入れ歯から難症例の入れ歯の方。

ご予約・お問い合わせは
フリーダイアル
0120-816-108
(受付時間 10:00-18:30)

 大阪・伊丹空港近くの入れ歯専門歯科医院。短期完成の入れ歯から難症例の入れ歯の方。

 
  ご予約・お問い合わせはこちら
フリーダイアル
0120-816-108
(受付時間 10:00-18:30)
 

思い通りにいかない治療に絶望を感じる

◆◆◆
 
近所の歯医者さんで総入れ歯を作ったが、見栄えが本当にひどく、
柔らかいものしか食べられない人生を過ごすのか…と絶望している。
少しでも良くなるなら診てほしい。

思い通りにいかない治療に
絶望を感じる

◆◆◆
 

近所の歯医者さんで総入れ歯を作ったが、見栄えが本当にひどく、柔らかいものしか食べられない人生を過ごすのか…と絶望している。少しでも良くなるなら診てほしい。

HOME | お口に関するお悩み | 思い通りにいかない治療に絶望を感じる

総入れ歯でも自分らしさを取り戻して人生を楽しんでいきたい。


今回、“初めての総入れ歯”を作ったのですね。
そして、でき上がった総入れ歯を入れてみるとあたかも作り物の歯で見栄えが不自然。 人相が変わってしまったのですね。
 
自分自身が口元を気にするだけでなく、周囲の人が自分の入れ歯を見ているのでは、と視線が気になる。
入れ歯であることを知られたくないのに、「バレているかも…」と考えると、口を開けて話すことも、歯を見せて思いっきり笑うことも躊躇してしまいますよね。
 

仲間に入れない様子

 
見栄えは悪いが、食事はなんとかできる、という方もいます。
でも噛むと痛みがあったり、外れてしまうので、柔らかい食べ物しか選べない。
家族の中で自分ひとりだけ柔らかいものを作ってもらわなければいけない。
友人との外食でみんなと同じメニューや好きなものを選べない。
食べたくても食べられないなんて、楽しくないですよね。
 
せっかく総入れ歯を作ったのに、人相が変わっただけでなく、まともな食生活もできなくなったのでは、コミュニケーションや日常生活に大きな問題が出てきます。
 
そんな入れ歯を残りの人生ずっと使い続けていくなんて、“絶望”という言葉が出てきてもおかしくありません。
 
総入れ歯を作ってくれた歯医者さんにはいくら言っても改善されない。
ちょこちょこと調整をしては、「また来てください」の繰り返し。
“ 総入れ歯で困っている人は多いと聞くし、やはり総入れ歯はこういうものなのかな・・・”と諦めの心境になってしまいますよね。

 
絶望を感じて顔を伏せている女性

 
これだけははっきり言わせてもらいます。

総入れ歯は「見栄えが悪い」「噛めない」ということではありません。
 
申し上げにくいことですが…今、お口に装着している総入れ歯は、残念ながら失敗しているだけなのです。その歯医者さんが悪い、と言っているわけではありません。
 
実は、保険内・保険外・入れ歯専門の歯科、どのような方法で作っても、多くの総入れ歯がほぼ失敗なのです。
 
しかし、バリムデンタルの総入れ歯、〈パリムデンチャー(快適超精密義歯)〉は違います。
 
パリムデンチャーをお使いの患者様の多くが、次のように仰います。
 
「なんでも美味しく食べることができている。」
「入れ歯を入れている感じがしない」
「何人も経つのに周りに総入れ歯だとバレていない。」
総入れ歯であることがバレていない証拠に、「友人からは、あなたは歯がいいから、入れ歯で悩まなくて羨ましい。」と言われた方もいらっしゃるのです。
 
これが本来の総入れ歯なのです。
総入れ歯にしたことを後悔し、これからの明るい人生をあきらめる必要はありません。
 

 
スーツを着た笑顔の女性

 
絶望するほどにまでつらい総入れ歯の体験をされたあなただからこそ、先に答えを言います。
総入れ歯には“成功の方程式”があるのです。
 
それは、
「歯肉とのフィット」×「咬み合わせ」×「フルバランスドオクルージョン」 
です。
 
少し説明を加えて言ますと、
「歯茎にぴったり」×「左右の顎関節が正しい状態で、上下の総入れ歯がきちっと噛み合う」×「咬んだ状態から前後左右と歯ぎしりのように動かしても上下の総入れ歯がピタッと動かない」ということです。

 
このような状態になっていないと、総入れ歯は機能しません。
 
この方程式は足し算ではなく掛け算です。
また、合わない入れ歯に安定剤を塗って無理やり使い続けると、入れ歯を支える顎の骨自体が吸収(歯茎が痩せる)し、さらに合わなくなります。
そこから新しく入れ歯を作っても、お口や歯茎の状態が悪化しているので、また合わない入れ歯しか作れないのです。
 

絶望を感じて顔を伏せている女性

 
 
 

「歯肉とのフィット」×「咬み合わせ」×「フルバランスドオクルージョン」


この方程式を実現するには、順番も大切です。
 
①歯肉とのフィットを実現する。
②左右の顎関節が正しい位置で上下の歯が咬み合うという状態にする。
③咬み合わせの治療を行い、前後左右歯ぎしりのように動かしても、ガタガタ動かないというフルバランスドオクルージョンを実現する。
 
全国で作られている総入れ歯のほとんどが、この3つの条件を満たしていません。どれか1つを満たしている総入れ歯があったとしても、高得点はつけられないでしょう。
 
パリムデンタルクリニックは“本当の意味での噛み合わせ治療”を行なっている、全国でも数少ない歯科医院です。
 
さらに、私の「特許・治療用義歯」を用いて、“入れ歯を用いた噛み合わせ治療”を提供している特殊な歯科医院です。
 
絶望まで感じる、合わない総入れ歯を体験したあなただからこそ、 私が話す「どうすれば機能するキチンとした総入れ歯ができるのか。」と言う内容は、深く理解してもらえるはずです。
 
総入れ歯になったからといって、人生を諦めないでください。
快適にそして楽しく生活することができますから、 一度パリムデンタルにお越し下さい。

院長