HOME | デジタル義歯研究

現在、パリムではデジタル義歯の研究を行なっています。


歯科医師と歯科技工士
 
 
まだ、デジタル義歯がどういったものなのか、知らない方が多いと思います。しかし、究極的な話をすると、総入れ歯を作るにあたって、【型どり】をせず、【模型】も作らないで総入れ歯を作っていける。

そんなことが実現してしまうのです。

 
 

 
入れ歯をスキャンする様子
 
 
 
 
デジタル義歯
 
従来行っている総入れ歯作成の方法では、必ず歯茎の型取りをして模型を作成しなければなりません。
 

デジタル義歯の場合は、歯茎の状態を口腔内スキャナで歯肉の形態を立体的にスキャニングし、そのデータをもとにパソコン上で総入れ歯をデザインし、3Dプリンターを用いて総入れ歯を作成したり、ミリングという樹脂などのブロックから総入れ歯の形に削り出す装置を用いて、総入れ歯を作成します。

  

世界的にもまだ始まったばかりの技術で、ハッキリ言って思うような成果は上がっていません。
それもそのはずです。そもそも総入れ歯をハンドメイドでキチンと機能させることができないわけですから。
 
しかしパリムは違います。
 
すでに世界トップクラスともいえる総入れ歯治療の成功ノウハウがありますので、デジタルを用いてさらにエラーやミスの少ない総入れ歯を完成させることができると確信しています。

 

まだまだ総入れ歯をデザインするソフト的な問題や、材料の問題がありますが、近い将来デジタル義歯の分野においても、世界レベルになりますので期待していて下さい。
 
また、現在実験に使用している機器を用いて、新しいサービスを提供していきます。 

 
デジタル義歯
 
従来行っている総入れ歯作成の方法では、必ず歯茎の型取りをして模型を作成しなければなりません。
 

デジタル義歯の場合は、歯茎の状態を口腔内スキャナで歯肉の形態を立体的にスキャニングし、そのデータをもとにパソコン上で総入れ歯をデザインし、3Dプリンターを用いて総入れ歯を作成したり、ミリングという樹脂などのブロックから総入れ歯の形に削り出す装置を用いて、総入れ歯を作成します。

  

世界的にもまだ始まったばかりの技術で、ハッキリ言って思うような成果は上がっていません。
それもそのはずです。そもそも総入れ歯をハンドメイドでキチンと機能させることができないわけですから。

 
デジタル義歯

 
しかしパリムは違います。
 
すでに世界トップクラスともいえる総入れ歯治療の成功ノウハウがありますので、デジタルを用いてさらにエラーやミスの少ない総入れ歯を完成させることができると確信しています。

 

まだまだ総入れ歯をデザインするソフト的な問題や、材料の問題がありますが、近い将来デジタル義歯の分野においても、世界レベルになりますので期待していて下さい。
 
また、現在実験に使用している機器を用いて、新しいサービスを提供していきます。 


  

デジタル義歯の研究を進める歯科技工士による研究記録です。

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]