医院コラム

パリムデンタルクリニック

2019-1-22 | 医院コラム

問い合わせのお電話から・・・

総入れ歯が専門のパリムデンタルクリニック

「本当に2日で入れ歯ができるんですか?」と連続2日で総入れ歯を完成させる診療メニューを開始して20年になりますが、まだこの問い合わせが時々あります
パリムデンタルクリニックでは日常になっている 2日で総入れ歯を作る 事ですが、まだ信じられない患者様や「そんな事出来るはず無い」と話す歯科医師が数多いということでしょう

かと思えば「東京で『1日で総入れ歯を作る』という歯科医院で総入れ歯を作って、実際に1日で出来たが全く入れ歯が合わなくて、毎日のように調整に行かないとダメで、1日で作った意味が無い。パリムデンタルクリニックでは2日で作ると言うことだが、その後は頻繁に通う必要があるのか?」という問い合わせ
まず、総入れ歯は総入れ歯ですが、パリムデンタルクリニックで製作する総入れ歯はほとんどの場合、無調整でそれぞれの患者様のお口に装着できます。
無調整とは何か?・・・入れ歯を使用している方はイメージ出来ると思うのですが、入れ歯の裏面をバリバリ削って歯肉に合わす必要が無いのです
し、右の歯(人工歯)ばかり先に強く当たって、左の歯が当たるまで その歯をバリバリ削ってということもほとんどありません。
そして、多くの場合入れ歯と分からない自然な総入れ歯になります

ですから、1日で総入れ歯を作るということは、大変結構なことですが、どのような総入れ歯が完成するかによっては患者様に大変な苦労や苦痛を与える場合があるということを知って行っているのでしょうか
残念ながらパリムデンタルクリニックの短期間で総入れ歯を作成するという部分のみを真似をしても、そもそも通法通りに総入れ歯を作ってもまともな総入れ歯が出来ない歯科医院が多いのですから、言わずもがなです

現在総入れ歯を使用しているが、合わないので作り替えたい。きちんと治したい。という場合は新しく作ってもらった総入れ歯が合わない場合でも今までの総入れ歯を装着すればいいのですから問題は少ないです。
しかし、歯槽膿漏等で残っている歯を全て抜いて初めての総入れ歯を作成する場合、万が一にも作った総入れ歯が合わなかった場合、大変なことになります。悲惨です。歯を抜いて全く歯が無いわけですから・・・

入れ歯がお口に入れられないとなると、全く歯が無い状態で仕事や生活をしないといけません

パリムデンタルクリニックで治療を始めると、早々に多くの患者様はパリムデンタルクリニックの総入れ歯治療に対する専門性に気づかれます
そして「パリムデンタルクリニックで治療を行っていなかったら、どうなっていたことか・・・」と口々におっしゃいます

20年前から言い続けていますが、総入れ歯治療は作ってみないと結果が分からないというような治療ではありません。パリムデンタルクリニックでは、総入れ歯を機能させるためには、何をどうすればどうなるのか。何をしないといけないかということが分かっている 非常に科学的な治療です

そして何が起こるかですが、日本全国から新幹線や飛行機を使って多くの患者様がパリムデンタルクリニックまで治療にお越しになり何とおっしゃるか?「来るのが楽しい!」とおっしゃいます
信じられますか?本当の話です

全ての患者様はどうすればキチンと治るのか?ということを、パリムデンタルクリニックの3時間の初診でしっかり学んでから治療を開始しています
治療中、今何かどうなって治療のどの段階にあるのか。ということを分かり、そして治療中ですら当初の想像を遙かに超えた総入れ歯がお口に入っているのですから楽しいというのも頷けませんか?

そしてパリムデンタルクリニックの治療は特許を用いた治療を行い、通院は毎月1回です
極めて通院回数が少ないですので、日本全国、海外からの患者様も無理なく最善の総入れ歯が手に入れることが出来るのです

もう「2日で本当に入れ歯が出来るのですか?」は卒業して、総入れ歯の分野では最先端の治療を提供しているのがパリムデンタルクリニックなのですから


一覧へ戻る