医院コラム

パリムデンタルクリニック

2018-8-4 | 医院コラム

技工士ブログ

院内紹介ブログ

テレビCM開始です!

パリムデンタルクリニック院長の大前太美雄です

パリムデンタルクリニックにお越しになり最善の総入れ歯「快適超精密義歯」を手に入れられた患者様から「私はインターネットでパリムさんを見つけられたからラッキーだったけど、世の中には入れ歯で困っている患者さんが本当に沢山いらっしゃる。こんなに入れ歯がキチンとなる歯科医院があることを、先生!なんとか教えてあげてください!」と治療前の自分と同じ苦しみを味わっている人を助けてあげて欲しいという願い・・・

本当にお困りの方、お困りの時に、総入れ歯専門・パリムデンタルクリニックを知ってもらってさえいれば、何十年も苦しむことはない。
そういう思いで2014年から定期的にスポットCMを放送いただいております

今回スポットCMではなく「何でも鑑定団」の冠スポンサーとしてパリムデンタルクリニックの30秒CMを放送していただくことになりました


初めて総入れ歯になる事に不安を抱いておられる方、総入れ歯で長く苦しんで諦めている方に、自分らしい人生を取り戻すのにお役に立てることが出来れば、パリムデンタルクリニックは本当に嬉しいです

CMをご覧頂くのも運のうちかもしれません・・・

パリムデンタルクリニック院長 大前太美雄
詳しくはこちら >

2018-4-14 | 院内紹介ブログ

医院コラム

TVCMを撮影しました

休診日の朝からパリムデンタルクリニック医院内でパリムデンタルクリニックのCM撮影を行いました。


このCMは、ゴールデンウィーク明けから近畿2府4県と徳島県の一部にテレビ放映されます。

この撮影当日は、朝から某美容外科のTVCMなども手がける映像製作会社の撮影部隊の方、7名お越しになり、
医院内の様々な場所で夕方頃まで撮影しました。 

本格的なテレビカメラや大きな照明器具に
プロのメイクさんもいらっしゃって、院長 大前の顔のテカリを抑えてくださったり・・・

撮影中、カメラに向かって院長 大前が色々なセリフを読み上げるのですが、
セリフによってはイントネーションが難しかったようで、どこが難しかったかはCMをご覧いただいてのお楽しみです

院長 大前は中学生から大学時代を関東で11年過ごされていたので
普段の会話でも標準語の時と関西弁の時があります!
また当院は全国から患者様がお越しになるので
関東の方とお話しされるときは合わせて標準語で
関西の方は関西弁のイントネーションでお話しされている様に見受けます。
イントネーションが同じだとちょっと安心して緊張もほぐれますよね

CM撮影はこれから編集作業と音入れをされるそうで、どんなCMに仕上がることやら・・・

皆様 パリムデンタルクリニックCMをぜひご覧になって見てくださいね!
詳しくはこちら >

2017-7-19 | 医院コラム

仮で総入れ歯を作ったが、口元がゴリラのようになり・・・という問い合わせ

大前歯科医院で、仮の総入れ歯を6時で作成するというサービスを行っていましたが、私の特許・治療用義歯での治療を行い、最善の総義歯・快適超精密義歯を希望される患者様が非常に多く、仮の入れ歯サービスは中止しています
しかし、総入れ歯専門の大前歯科医院のサービスを真似て、集客をかける歯科医院が雨後の筍のように出てきており、そのような歯科医院での治療により、生活や仕事に即、重大な悪影響を及ぼしてしまうことが多く見受けられます

はっきり言います「総入れ歯は、そんなに簡単なものではありません」し、「歯を抜いて、すぐに総義歯を作っていく場合は、見栄えを自然にする為、総義歯を専門に行っている我々ですら、相当シビアな治療と技工作業が必要なのです」

仮総入れ歯を作るだけなら、どちらかの歯科医院で、できるでしょう。作るだけなら。しかし、その入れ歯を入れると、ゴリラみたいな口元になったら・・・
それで大丈夫ですか?

大前歯科医院に、その最悪の状態になってから、お問い合わせいただいても、何ヶ月も前から治療を予定している患者様の予定で、予約は埋まっていますので、残念ですが対応できません

今月、「8万円ほどで仮歯(総入れ歯)を作ってもらい、出来てから鏡を見たらゴリラのような口元になった。なんとか・・してほしい・・」という、悲痛な問い合わせが2件ありました

治療の結果は、歯科医院の選択により ほぼ決まり、そしてその治療の結果は、他の誰でも無く、あなた様自身に降りかかってくるものだ。ということ、その歯科医院を選択した責任は自分でしか取れない。ということを、再度認識していただければと思います。

詳しくはこちら >

2017-5-11 | 医院コラム

読売テレビの取材

本日、朝一番からテレビ局(読売テレビ)の取材があって
「もう少し声のテンションあげてもらえますか?」とアドバイスされ、
私って、日常的に、声のテンションが上がってないのかな〜と、反省

うまく話そうとして噛んだり、「表情が硬いので、笑顔で!」と言われても、素人ですし・・・
俳優とか芸人とか、自然にうまく喋ってますよね。彼らはやっぱりプロだなと思いました。



詳しくはこちら >

2017-5-6 | 医院コラム

テレビCMのこと

5月8日から大前歯科医院(現パリムデンタルクリニック)のテレビCMが放映されます
歯科医院のCM は、キー局では日本初だったそうです
まあ一般的な歯科医院では、特にTVCMするサービスをお持ちで無いのかもしれません

ご存知かもしれませんが、TVCMって「CMを出したい」と言えば、出せるものでは無いんです
まず

①放送局による法人の審査があります
これにパスしなければCMは出せません
法人の概要、内容、経営状況などを確認されます

②放送内容を審査されます
あってよさそうなのに、全然見ないTVCM・・・歯科のインプラントのTVCMって見たことが無いでしょう
それには理由があります。日本全国の放送局がインプラント治療のCM広告を受け付けてくれないんです
新聞に1面広告を出したり、頻繁に折り込み広告をしたりしているインプラント治療ですからTVCMしたい医院は沢山あるでしょうけれども、TVCMを受け付けない理由は推して知るべしでしょうか

さて、大前歯科医院(現パリムデンタルクリニック) のTVCMですが、こんな患者様の声から始まっています
「先生!私は大前歯科医院(現パリムデンタルクリニック) のホームページを見つけられてラッキーだったけれど、本当に沢山の方が入れ歯で困っていますよ、インターネットをできない人もいます。そういった方にも是非助けてあげてください!」
と言われても、どうすればいいのか・・・?
そうこうして、あちこちに問い合わせしている中、とある映像関係の会社に「TVCMをしては?」という話をいただき、ここ数年スポットCMを放映しています

せめて「入れ歯のことなら大前歯科医院(現パリムデンタルクリニック) 」と頭の片隅にでも覚えて頂ければ、本当に困った時に思い出して頂くことができれば、大前歯科医院(現パリムデンタルクリニック) がお役に立つ時が来るかもしれません

大前歯科医院(現パリムデンタルクリニック) でなくては対応できない、歯が無い期間が数日の短期入れ歯治療、特許の入れ歯・治療用義歯を用いて、根本的に咬み合わせを治す最善の入れ歯治療等、必要な時にお役に立つ事ができるよう・・・そう願ってのTVCMなのです
詳しくはこちら >