バレない入れ歯

パリムデンタルクリニック

見栄えのいい入れ歯は逆算で作る

総入れ歯になったとき、総入れ歯だということを、周囲の人に絶対にバレたくない。

また、パートナーに総入れ歯になることや総入れ歯であることを知られたくない。という心理・・・分かります。


総入れ歯治療専門のパリムデンタルクリニックには高齢の患者様が多いのでは?と思われているかもしれませんが、総入れ歯は20代の患者様から30代、40代の女性の患者様が多いのもパリムデンタルクリニックの特徴の一つです。


大前歯科医院 初めて総入れ歯を作る方へ


どうして比較的若い女性の患者様がパリムデンタルクリニックを選ばれるのかですが、それは 患者様の心理として、総入れ歯になる事は仕方が無いと覚悟をしたけれど、女性として周囲の人から「総入れ歯をしている人」と絶対に思われたくない。

そしてオシャレや恋愛、結婚と普通に過ごしたいのだけれど、一般的な歯科医院での総入れ歯を入れて、普通が普通に出来なくなる事が耐えられない。ということが切実な問題なのです


もちろん一目で入れ歯と分かるような総入れ歯は、男性でも嫌だと思います。


安心してください

パリムデンタルクリニックでは入れ歯と分からないような入れ歯を作ることが可能です


それも何人もの女性の患者様から「先生、総入れ歯って美容整形よりもすごいですね!」と喜んで頂いていますが、それは一人一人のお顔の形や縦横の比率、お肌の色、お口の開け方や歯の見え具合などそして、ご自分の歯があった時の再現したい歯並びの特徴なども考慮しての特注ですから当然かもしれません

男性の場合も、お顔にマッチした歯並びにするのは当然なのですが、私の場合は職業を考慮することも多いです。知的な感じが良いのか、力強い感じが良いのか、少し歯並びが悪い感じが合うのか、清潔感なのかと

また、夏に日焼けをする職業あるいは趣味を持っているかなど

実は、こういった事は改めて患者様に質問するのでは無く、初診にお越しになった時の会話であったり、治療の合間の雑談でそういったことのイメージをつかむことが多いのです

パリムデンタルクリニックでは、一般的な歯科医院での入れ歯の作り方とは違い、入れ歯は逆算して作ります
例えば、一般的な歯科医院で作ってもらった入れ歯をお口にはめると、顔が面長になってしまったり、口元が変わってしまい、ひどいときにはゴリラの様な口もとになってしまうということがよくありますが、パリムではそういったことはありえません

どうしてそう言えるのかですが、面長などにならないようにお顔のバランスから逆算して入れ歯の高さを決めるのです

最も自然なお口元やお顔の状態になるように逆算して、前歯の位置やその他の入れ歯の部分の厚みや大きさを逆算して決めるのです

 

そういった逆算方式で見栄えの良い入れ歯を作っていくには、実際に入れ歯の製作を担当する歯科技工士が、その目で患者様のお顔やお口元そして口腔内を歯科医師といっしょに確認して、そして逆算して決めていくというプロセスがとても重要です

時々、患者様に「先生、ミリ単位の細かい仕事で大変ですね!」と言われる時があるのですが、「いやいやミリ単位なんてとんでもない。ミクロン単位ですよ」とお話しますが、それは前歯など、0.1mmどころかその半分の50ミクロンほど位置や傾きを変えるだけで、お口元の印象はガラッと変化します 


こういった事から、総入れ歯専門では専属の総入れ歯専門の歯科技工士が必ず必要です

自分が使うことになる入れ歯の作り手の顔が見える。そして作り手が患者様とお会いしながら入れ歯を製作していくからこそ自然な見栄え、入れ歯と分からないような入れ歯が可能となるのです。

 

パリムデンタルクリニックで総入れ歯を作った患者様との会話の中で

「先生、知り合いの方から『あなた歯が良くて良いわね』と言われるんです。総入れ歯って全然わかってないですね!」

であったり、介護職をされている若い女性の患者様から

「介護をしている高齢の方から『あなたは分からないと思うけど、総入れ歯で何も食べられなくて・・・あなたには分からないだろうけど!』と愚痴られて、心の中で、いや私も総入れ歯ですけど。そして何でも食べていますけど・・と声に出しては言えなかったんですけれど」と総入れ歯を使っている方が見ても分からない

また、主人には絶対に総入れ歯になったことを知られたくないという患者様が

「主人に『歯を治したの?』と聞かれたので、『そうブリッジで』と答えたら、『良かったね』と、それだけでした。」とニッコリ、夫からすれば、固定式のセラミックのブリッジしたんだな・・・位に思われたようで、総入れ歯であることは全くバレていないのです


よくある質問 

Q夜寝るときは入れ歯を外さないといけませんか?

Aほとんど付けたままでも大丈夫です。

歯科医師としての正しい回答は、「寝るときは外してください。」となりますが、パリムデンタルクリニックの総入れ歯を就寝中も外さないという方が多くおられます。
歯肉が傷ついたり、痛かったりしたら外す時間を取ってくださいね。と指示はしているのですが、問題が無いので1日ほとんど外さなくてすむのですね
またこのように外さずに装着し続けることが出来るということは、一言で言うと「楽な総入れ歯」とも言えますし、「歯肉への負担が少ない総入れ歯」とも言えます
どのような総入れ歯が楽で、歯肉への負担が少ないかは専門的な話になりますので、別のページで詳しく説明します。



Q50代で総入れ歯だと早い年齢だと思うのですが、どうですか?

Aパリムデンタルクリニックでは、あなた様が一番若いということでも無く、特に女性はホルモンの関係もあって、20代でも歯がグラグラになって総入れ歯になる方もあるんですよ」とお答えします。

「こんなに酷い口の患者など、先生も診たことが無いと思いますよ」と日本全国でお口の酷さNo1と思って、思い悩んで来院される方が、何人もお越しになりました。
確かに一般的な歯科医院では、「見たことが無い!こんなになるまでどうして放置しておいたんだ!」と怒られること必須でしょう。

そしてその怒られた歯科医院では治療を診てもらえないまま、手に負えないから怒っていらっしゃると私は思いますがしかし、パリムデンタルクリニックではお口を拝見して絶対に怒りません。

怒る必要が無いですし、キチンとお口を治したいとおっしゃる患者様に敬意を持っているからです。
また、すべてのお部屋は完全個室ですので、プライバシーも守れます。