バレない入れ歯

パリムデンタルクリニック

見栄えのいい入れ歯は逆算で作る

入れ歯治療をパリムデンタルクリニックでされた患者様に私は「入れ歯でお困りの知人友人を紹介してくださらなくていいですよ」とよくお話します

 

どうしてかというと、入れ歯であることをカミングアウトしてまで紹介していただかなくても良いと考えているからです

だって、言わなきゃ入れ歯と分からない入れ歯をせっかく作ったのですから

 

誰でも入れ歯になるときには、まず自分に対して相当の覚悟や決意が必要なのは明らかです。多くの方が入れ歯にはしたくないと言うのが本音でしょう。

自分自身を説得し入れ歯になることを納得しても、次に頭によぎるのは他人にどう見られるか、どう思われるかではないですか?

 

入れ歯であることが誰の目にも明らかな状態に万が一にでもなったとしたら、恥ずかしい思いをしながら生活や仕事をしていかなければならない・・・

そんな事になるのなら今のままでと、入れ歯になることを躊躇していませんか?

 


パリムデンタルクリニックでは、一般的な入れ歯の作り方ではなく入れ歯は逆算で作ります

例えば、一般的な歯科医院で作ってもらった入れ歯をはめると、顔が面長になってしまったり、口元が変わってしまい、ひどいときにはゴリラの様になってしまうということがよくありますが、パリムデンタルクリニックではそういったことは、まずありません

どうしてそう言えるのかですが、面長などにならないようにお顔のバランスから逆算して入れ歯の高さを決めるのです

ゴリラの様な口元にならないようにというよりも、最も自然なお口元やお顔の状態になるように逆算して、前歯の位置やその他の入れ歯の部分の厚みや大きさを逆算して決めるのです

 

そういった逆算方式で入れ歯を作っていく際、実際に入れ歯の製作を担当する歯科技工士が、実際その目で患者様のお顔やお口元そして口腔内を歯科医師とともに確認して、そして逆算して決めていくというプロセスがとても重要です

時々、患者様に「先生、ミリ単位の細かい仕事で大変ですね!」と言われる時があるのですが、「いやいやミリ単位なんてとんでもない。ミクロン単位ですよ」とお話しますが、それは前歯など、0.1mmどころかその半分の50ミクロンほど位置や傾きを変えるだけでお口元の印象は変化します

 

こういった事から、入れ歯専門の歯科医院に専属の総入れ歯専門の歯科技工士が必ず必要です

作り手の顔が見える。そして作り手が患者様とお会いしながら入れ歯を製作していくからこそ自然な見栄えの入れ歯ができるのです。

 

パリムデンタルクリニックは純粋に入れ歯治療のみ行っていますので、私は一般的な歯科医師に比べると入れ歯治療の臨床数は数倍、10倍どころではないのですが、専属の歯科技工士も当然ですが入れ歯作成のみ専門に行い、私から見ても卓越している入れ歯作成のスペシャリストと思います

 

そういった歯科技工士と自由自在に入れ歯を作っていると言いたいところですが、入れ歯は逆算です

見栄えが良い、自然観のある入れ歯を作ろうと思うと、あるべき所にあるような入れ歯、入れ歯の形態として解答が一つだけある入れ歯を、厳しいお口の条件の中で収まるように作る困難な作業で自由は無いと言っても良い程なのです

 

特に抜歯を行ってすぐに入れ歯を作っていく場合は特に困難で、一般的な歯科医院ではどうやっても見栄えの良い入れ歯が作れないお口の状態であっても、パリムデンタルクリニックは、より自然で見栄えの良い入れ歯を作ることに関して、抜歯から入れ歯の完成まで連続3日で行うという診療を、20年間毎週の様に行ってきたノウハウがありますので、安心してください

 

ちなみにパリムデンタルクリニックには、現在入れ歯を使っていてお困りの方と、同じかそれ以上に、抜歯から入れ歯完成まで3日連続で治療を行うという、初めて入れ歯を入れる方が多くお越しになります
その中で、特に女性の患者様に喜んでいただいているのが、見栄えです

入れ歯と分からないような自然な感じの入れ歯というにとどまらず、綺麗になる方が多いのです

それもそのはずですよね。お顔のバランスの良いように入れ歯を収めて、そして唇を緩めたときの歯の見え方、笑ったとき、横顔など逆算して作っているのですから。


喜びをかみしめよう!